ink一覧

プラチナ クラシックインク その2。

前回に引き続きプラチナ クラシックインク。今回は耐水性の程を見てみることにする。他、久々に現役復活させた金ペン堂M800緑縞太字のことなど。

記事を読む

プラチナ クラシックインク。

Viva! 古典インク 伝統の製法で作る万年筆用インクは、その製法が特殊であると共に、手間がかかるためほとんどが染料を調合するイン...

記事を読む

セーラー ストーリア ナイト,Nightfall。

STORiA ナイトを久々に使ってみる 2015年4月に発売された超微粒子顔料ボトルインク、STORiA(ストーリア)。イタリア語で『...

記事を読む

きらきらインクとリア充の法則。

きらきらインクの所有数が多い程、リア充度が高くなるという都市伝説は本当なのか?

記事を読む

キングダムノート クルマエビ。

クルマエビ (クリックまたはタップすると、複数画像が拡大表示されます)秋~冬を感じさせるエレクトロニカやアンビエント,アンビエント・フ...

記事を読む

Diamine Vivaldi,Mozart。

著名なクラシックの作曲家の名前がそれぞれに付いた、10個入りのインク セット、Diamine Music Set。ついにバラ売りされることになったので、早速VivaldiとMozartを入手してみた。

記事を読む

Kobe INK物語 須磨浦シーサイドブルー、サラサクリップ ビンテージカラー。

ナガサワ文具 神戸INK物語の須磨浦シーサイドブルーと、サラサクリップの新色 ビンテージカラーよりブルーグレー,ブラウングレーの話。

記事を読む

万年筆 雑記 20160910。

Parker BBを呑ませていた河口、インクをMontblanc Midnight Blue(古典版)に入れ替える。濃く深い青色の軸と茄子色のインクの取り合わせ、悪くないと思う。しかし、古典版Midnight Blueはフローが良い。書き味もまろやかになる。

記事を読む

Pen and message. 朔。

Pen and message. オリジナルインク、朔。そして8月会。

記事を読む

Kobe INK物語 水道筋マルシェブルー。

ナガサワ文具センター 神戸インク 水道筋マルシェブルー。以前にこのインクについて書いたと思っていたら、2014年11月に投稿した記事の中で、チラとしか触れていなかった。

記事を読む

スポンサーリンク
スポンサーリンク