Playlist Archive Oct. 2016

シェアする

twittertumblrに素敵な写真をUpされている、菊澤セロリさんの幻想的な1枚を使わせて頂きました。菊澤さんの写真、女性らしい目線と独特の世界観で大好きなのです。

Favorite & Recommend

ジャンルレスにお気に入りの音楽を10曲晒す。最後のYouTube(もし消されていたらごめんなさい・笑)はこの10曲を詰め込んだもの。まったり聴きながら、ぼんやり読んでもらえると。

Divine Presence
The Many Faces Of King Crimson
  • Iona feat Robert Fripp
  • VAThe Many Faces Of King Crimson』より。
  • アイルランドの至宝、ケルト・ロック/プログレッシヴ・ロック・グループのIONAR.フリップ尊師のジョイントなんてまさに失禁もの。ジョアンヌ・ホッグの美声が幽玄に響き渡る瞬間、思わず崇高な美しさに息を呑む。
River Man
Five Leaves Left
  • Nick Drake
  • Five Leaves Left』より。
  • ニックの優しい唄声は、そっと寄り添ってくれるようでありながら、時に傍観者的に遠くから見られているように届いてくる。嫌なことも悲しいことも辛いことも誰にだってあるよ、だけどそれは周りからすれば所詮は他人事…
Monochrome
Spooky
  • Lush
  • Spooky』より。
  • Cocteau Twinsの正当継承者? 5年後に訪れる悲劇など微塵も感じさせない程透明感に溢れ、まるで天から降り注ぐように。19972月、何してたっけ? 何に夢中になってたっけ?
Born to Lose
American Football
  • American Football
  • American Football』より。
  • 勝負の綾なんて何処に潜んでいるか分からない。技術力・体力、そして知力。心理面での揺さぶり。派手で豪快なプレーの陰に隠れた戦術、かけひきが秘めやかに仕掛けられる。野球って面白い。奥が深い。
Gabriel
The Inescapable Decay Of My Heart
  • Yagya
  • The Inescapable Decay Of My Heart』より。
  • アイスランドのアンビエントテクノ/ダブテクノの雄、Yagya。そうか、これはもう4年も前の作品なのか。初の“歌もの”というセンセーショナルな話題に惑わされてはいけない。普遍的な美。Yagyaの軸は少しもぶれていない。
Rough Boy
Live Greatest Hits From Around The World
  • ZZ Top feat Jeff Beck
  • Live Greatest Hits From Around The World』より。
  • MTV全盛時によく流れていたこの曲、勿論ハイライトは最後のJeff師匠によるギター・ソロ。これがもうとにかく素晴らしい。あらゆる賛辞の形容詞を以てしても語れない程。一音で周囲の空気を変えてしまう。世界遺産認定。
It’s Time
Never Twice
  • Nick Waterhouse
  • Never Twice』より。
  • レトロビンテージ・ミュージックシーン期待の星。今風にアップデートされたR&B風な楽曲がぎっしり満載。嬉しいねぇ。時々こういう音楽で魂を浄化しないとな。腐っちまう。
Man With The Movie Camera
Every Day
  • The Cinematic Orchestra
  • Every Day』より。
  • The Cinematic Orchestra。このグループ名にしてこの音、である。部屋を暗くして、頭と心を(出来る限り)無にして聴くべき音楽。さてさて、今回はどんな映像が浮かびましたか?
Film
Come to Daddy
  • Aphex Twin
  • Come to Daddy』より。
  • 児童虐待反対がテーマだとか。それにしてはこのシュール過ぎるジャケ。真面目なのか悪ふざけなのか悪意なのか。音の方も一癖も二癖もある感じ。とても一筋縄にはいかない。美しいこの曲でさえ、何かウラがありそうな…と勘ぐってしまう。
Joyous
Wisdom of Elders
  • Shabaka And The Ancestors
  • Wisdom of Elders』より。
  • サックス奏者シャバカ・ハッチングス。南アフリカのジャズ・ミュージシャン達と行ったセッションを記録したものらしい。ジャズとひとえに言えど、フリー・ジャズからスピリチュアル・ジャズ、果てはアフリカン・ジャズ迄に及ぶセンスと高度なテクニック。ジャズもブルーズ同様、突き詰めれば“人生”そのものに昇華する。濃く、深い。

※上の曲解説の表(Table)は、PCとモバイルで見え方が異なるようになっています♪

Playlist Archive Oct. 2016

スポンサーリンク
スポンサーリンク