ZEPHONE Red Condor EL-24でリケーブル。

シェアする

The music is a friend of the lives

  UE900sのリケーブル

メインのイヤフォンであるUE900s、リケーブルしてZEPHONE Blue Seagull EL-21をこれまで愛用していたのだが、近頃、時々ガリノイズが起こるように。別のイヤフォン/ヘッドフォンをN/W Walkman NW-A26HNに挿してみると発生しないので、やはりケーブルのプラグに何らかの問題があると見た。1週間に1度はパンドーD29で洗浄し、特に手荒に扱った覚えもないのだが…。ここは一つ気分を変えて、思い切って新しいケーブルを購入することにした。

  ZEPHONE Red Condor EL-24

ZEPHONE Red Condor EL-24 #1
↑複数画像アリ。
今更だがUE900sMMCX端子である。よってリケーブル対象となる選択肢はある意味よりどりみどりではあるが、悲しいかな予算の都合という如何ともし難い壁は超えられない。
愛用していたZEPHONE EL-21から(音の)キャラクターをがらりと変えてしまうという冒険(リスク)を避け、よりブラッシュアップさせた方向で探すと、同じZEPHONERed Condor EL-24が予算的にも合いそうだ。そうと決まったら善は急げ、である。早速、eイヤホンにネット注文。狙ったわけではないが、1224日に無事到着!

UE900s標準とZEPHONE EL-21とEL-24のケーブル比較
左から、(編み紐のような・笑)UE900s標準ケーブル,ZEPHONE Blue Seagull EL-21ZEPHONE Red Condor EL-24EL-21が艶のある明るい青のケーブルだったのに対し、今回購入したEL-24はやや薄めの赤の被膜を纏ったケーブルである。EL-21よりも太いのは「スパイラル構成」である為か。太いと云っても、硬く取り回しが困難な部類ではなく、しなやかで癖も付き難い。

UE900s標準とZEPHONE EL-21とEL-24のプラグ比較
EL-21EL-24は共にNeutrikL型プラグ(金メッキ) 3.5mmステレオミニプラグ。重厚感があり頼もしく感じる。実際、機器本体をワイシャツの胸ポケットに入れて聴くことが多いので、L型だと妙な出っ張りも無いし満員電車の人混みの衝撃で歪んでしまう(?)可能性も無い。

  EL-24 ファースト・インプレッション

UE900s + ZEPHONE EL-24 Red Condor
UE900sEL-24を取り付けてみた図。色の統一性という意味では、EL-21の方が青同士でしっくり来るが、意外と悪くないのでは?
これから聴き込んでいくうちにケーブルのエージングも進んでいくと思うが、ファースト・インプレッションとしては、EL-21よりも更に低域が深く沈み込み、ボトムの迫力が増す傾向に思えた。音場の広がりも申し分無い。

  • Porcupine TreeIn Absentia』『Deadwing』,Steven WilsonHand. Cannot. Erase.』…静と動のコントラストが一つの曲の中で自在に展開されることが多く、空間的なキーボードの音質も特徴があるが、このあたりの表現も決してギラギラ、或いは雑になること無くきめ細やかに再現している。
  • Arti & MestieriUniversi Paralleli』…フリオ・キリコの高速タム・ロールの迫力もあるが、ベースの粘っこく深く沈み込むような低音が素晴らしい。
  • All About EveScarlet And Other Stories』…Julianne Reganの中域に特徴のあるVo、バックの立体的な音空間が実に心地よく、久々に聴き惚れてしまった(笑)。
  リケーブルは楽しい。ただし…

飾り原稿用紙 港煉瓦にカキモリ プレンドインク Peacock BlueでZEPHONE EL-24の事
着脱式のイヤフォン/ヘッドフォンの愉しみの一つであるリケーブル、自分は快楽と破滅の隣り合わせである“麻薬”という気がする。以前、オーディオにハマっていた頃、スピーカーケーブルやオーディオケーブルをあれこれ取り替えて音の違いに一喜一憂していた時期があったのだが、ある時、多額の金を注ぎ込んでいる割には少しも音楽を愉しんでいない自分がいることに気が付いた。本末転倒である。機器に人が振り回されている状況。万年筆もしかり。

Junko Maya 17

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

  1. よはねす より:

    レポート、ありがとうございます。

    少しの変化も楽しみとなれば…とは思いますが、先立つものが…(^^;;

    確かに、万年筆に通じるものがありますね。

    • より:

      よはねすさん、こんばんは。
      そうなんですよね、「先立つもの」が…(´・ω・`)