京の音 青鈍。

シェアする

2016年初インク!しかし…

昨年の123日にAmazon経由で注文した文具店TAGオリジナル万年筆インク、青鈍。

京都の染研究所とのコラボレーションにより開発したボトルインクとのこと。

この時点では今年18日に発送するとアナウンスされていたのだが、予想を遥かに上回る注文が入った為に部材調達が間に合わず、1月下旬頃の発送になるとの通知が今年になって送られてきていた。

京の音 青鈍

そして昨日123日。Amazonより待望のお届け物が到着する。2016年の初インクである。喜々として箱を開封すると、概ねAmazonの梱包は箱内の底板(ダンボール台紙)に商品がビニールでシュリンクされていることが多いのだが、今回は衝撃緩衝材として申し訳程度にくしゃくしゃの状態にした紙が少量入っているだけ。商品は梱包はおろか固定もされていない。一抹の不安を抱えながら、外箱を開けてみると、漏れたインクで中の説明書は汚れ、ボトルのラベルも上の画像のような状態であった。

これまで、国内はおろかイギリス,アメリカ,ドイツ等からインクを届けてもらったが、インクが漏れていたことは一度も無い。そしてこんな杜撰な梱包も初めてである(笑)。ボトルや蓋が破損していたのではないようだが、しかし…。

青鈍の試し書き、いくつか

京の音 青鈍 試し書き(GRAPHILO ブロックメモ)

↑複数画像アリ。

気を取り直して、M605 EFSafari EFに青鈍を吸入し、GRAPHILOブロックメモに試し書きしてみる。比較的さらっとした性質のインクで、フローはとてもよろしい。特にM605は吸入直後ということもあり、かなり汁ダクな状態である。

青鈍空に浮かぶ月。静かに月明かりを受け佇む京の町。青鈍は青みある鈍を指し、淡墨 に藍を加えた色です。深く淡い夜空の色が凛とした空気を表現します。

京の音 青鈍 (トモエリバー紙)

↑複数画像アリ。

トモエリバー紙に書いてみた図。赤みが無く、ややグレーがかったブルー。ブルーブラックと呼んでも差し支えあるまい。ペリカン ブルーブラックに近い色合いかとも思ったが、青鈍の方が少し青の度合いが薄い感じがする。

京の音 青鈍 (測量野帳)

↑複数画像アリ。

コクヨの測量野帳。さすが、汁ダクのM605 EFであっても滲むことは無いし、濃淡も綺麗に出る。ずばり、好みの色合いのインクである。

京の音 青鈍 (コピー用紙)

自宅で使用している安価なコピー用紙にも書いてみる。やはり、さらさらした性質のインク故だろうか、M605 EFで書くとご覧のとおり滲んでしまった。Safari EFだと特に滲みは見受けられない。使用するペンのペン先やフローの状態によっては滲む可能性があるようだ。

京の音 青鈍 (カキモリ オーダーノート - トモエリバー紙)

↑複数画像アリ。

カキモリ オーダーノート(トモエリバー紙)にSafari EFでインプレッション。落ち着いた色合い。これを地味と捉えるか否かは本人次第(笑)。白地の紙では決して主張し過ぎること無く映えるし、クリーム地の紙とも相性は良いはず。

国内万年筆インク界に新しい風…?

国内の万年筆インクと云えばパイロット,セーラー,プラチナの3社しか無かった(と思う)が、文具店TAGが参入したのは快挙と言えるのではないか?

文具店オリジナルインク、イコール、セーラー製品、結果似たり寄ったりのインクの乱発、挙句に生産が追い付かず品薄状態という負のループに陥らなくて良いだろうし、様々な面で(インク業界?が)活性化していくのではないか…と期待したい。注意すべきは外国人の爆買いか?(笑) 併せて今回のインク漏れの件については店側の正式な釈明と今後の対応を見守りたいと思う。

_img 1539

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

  1. よはねす より:

    美しいインクですね。

    でも、配送は…?
    キャップ、問題だったんでしょうかね?
    いずれにしても、もう少しきちんとしないと、いくら色が良くても…ですね。

    僕は、今年は(も?)あまりインクを買わないようにします。
    きりがないので…(^_^;A

    • より:

      こんばんは。
      コメントありがとうございます!
      そうなんですよ…色が好みだっただけに、かなり残念です。

      私も今年は(?)、インクをあまり買わないように自粛しようと思っておりますが…
      さて、どうなりますやら(笑)。

  2. […] NO.5 青鈍  京の音 / kyo no oto 薄く墨色がかった青色のことを指すようですが、深く淡い夜空の色をイメージして作られたようです。写真だと私が想像した青鈍よりは鮮やかでした。 ただ、Storia Di Un Minutoさんのブログの写真だと結構落ち着いた色に見えました。この感じだったら結構好きな色かもと思いましたが、実際のところはどうなんでしょうね。 京の音 青鈍。|Storia Di Un Minuto(音が出ます) […]