August 9, 2015

シェアする

Water resistant examination of Pelikan Blue Black
ふとした事で(ツイで)知ったのだが…PelikanのBlue BlackもMontblancやLamy同様、古典から染料に変わっているかも知れないという話。毎度興味深い記事を掲載されている「趣味と物欲」のこの記事によると、製造元の公式発言は無い(というか伏せられてる)ものの、都内の某店(銀座のあの店と丸の内のあの店・笑)は古典BBではないとコメントしているらしい。

Water resistant examination of Pelikan Blue Black (Enlarge)
もしこれが事実なのであれば、Midnight Blueに続く衝撃。残念無念と云うしかないのだが…。
Pelikan BBの外箱側面に記載されているイタリア語っぽい(?)文言の中にある「Tinta permanente para caneta」というフレーズ、Yahoo!翻訳にかけてみると『永久染料は、ドネタをドライブします』と訳される(爆)。でも“永久染料”って所謂古典であるという事の裏付けなのかな…?本当はどうなんでしょう、誰かおせーて(笑)。

Favorite ink August 9, 2015
2015年8月9日時点のお気に入りインク。バラ売りトモエリバー紙に。上からMontblanc Blue Hour Twilight Blue,疑惑の(笑)Pelikan BBR&K Salix,色彩雫 紺碧,R&K Scabiosa,カキモリのPeacock BluePrivate Reserve),Diamine Denim。やっぱりある傾向に偏っているなぁ(笑)。

Scribble using Peacock Blue which is blend ink of Kakimori
Clickすると複数の大きい画像が見れます。
Storiaが切れたモリタ万年筆店オリジナル プロギア・スリム中細に、カキモリのPeacock Blueを呑ませる。
WATERMAN BBやPARKER Quink BBのように青から緑掛かった色合いに変化するのは残念と思う割に、初めからこのような碧翠の色を使う時はそうは感じないのは心の準備が出来ているから?

How do you manage GRAPHILO?
もっぱらの関心ごとといえば、如何にGRAPHILOを意のままに使いこなせるか、である(嘘)。

Aya Asahina 19

スポンサーリンク
スポンサーリンク