古典ブルーブラックを晒す。

シェアする

万年筆を使い始めた頃、「Blue Black」という言葉の響に憧憬の念を抱いたものだった。どこか大人びた印象で、「Blue Black」と言えば通を気取った気分になれるような(笑)、それでいて染料と比べて保守面での難しさから初心者には敷居の高い、畏怖の対象…そんな風に思っていた。
初めて使ったBlue Blackは、まだ古典版だった頃のLamyではなかったか。Safariに吸入してみたもののフローの渋さに愕然とし、直ぐに別の染料インクに替えてしまった思い出がある。
既にLamyMontblancは古典Blue Blackから手を引き、国内ではPlatinum、海外ではPelikanRohrer & KlingnerDiamineRegistrars Ink)くらいと圧倒的に少数派となってしまった。その反面、染料インクで“Blue Black”的な色合いのインクの数は増えた気がするのだが、やはり古典Blue Blackでしか出せない微妙なニュアンスは、何者にも代えがたいのである。

Montblanc Midnight Blue

榛原原稿用紙に古典版ミッドナイト・ブルー入りM800太字にて
↑複数画像アリ。
ディスコンとなってしまった古典版Midnight Blue。一時期、複数のペンに入れて好んで使っていた。このM800緑縞(太字)は今や古典版Midnight Blue一択となっているが、手持ちのストックが無くなってしまったらその後どうしようか…と(笑)。

カスタム74(中細軟)でも古典版ミッドナイト・ブルーは大活躍である。
先日、古典版Midnight Blueに入れ替えたパイロット カスタム74 SFM。頻繁に使い過ぎて飽きてしまいそうになったが(笑)、やはりこの“茄子色”の深い色合いは素晴らしい。染料になってしまった新Midnight Blueもよく似ているが、所詮は別物である。フローについては然程神経質になる必要もなく、充分過ぎるフローだと思う。Safari(鉄ペン)で使ってもこれ迄特にトラブルらしき事象に遭遇したことは一度もなかった。

もう何回も実施済の耐水性試験(笑)
1日経過後の耐水性テスト。こと耐水性に関しては、顔料インクに軍配が上がるのは致し方無いところ。それでも充分に可読性はあると思う。
返す返すも、Midnight Blueの古典版がディスコンとなってしまったのは残念無念である。Pelikan Tanzanite等、染料で似た色合いのインクがあるにせよ、「ある程度のフローが確保出来ていながら、それでいて線が少しシャープになり筆致が締まる」効果は望むべくもない。

Pelikan Blue Black

M805 シュトレーゼマン+ペリカンBB【1】
Midnight Blueに代わって自分の中で評価上昇中なのが、Pelikan Blue Black。こちらは青ベースにグレーがかった渋い色合いである。Midnight Blueに比べて若干フローは渋めになる傾向。それでもフローの良いペン芯を持つスーベレーンと組み合わせれば心配ご無用。

M805 シュトレーゼマン+ペリカンBB【2】
↑複数画像アリ。
つい最近、いよいよPelikanも古典撤退か?!…という噂が流れたが、今のところ杞憂に終わる話だったようで一安心。ぜひぜひ、このまま古典版Blue Blackの製造・維持をお願い申し上げます。

Rohrer & Klingner Salix

M605+Salix
何年か前は知る人ぞ知るマニアックなブランドだったRohrer & Klingner。銀座京橋にあるPenClusterの當間店主に教えて頂き、興味津々でVerdigrisやこのSalixを使い始めた頃が懐かしい。Salixは没食子インク云々で…という説明はもはや不要であろう。こちらも青ベースであるが、沈み込むような深い藍色が特徴。粘度も低めでサラサラした性質故、Midnight Blue同様に色々なペンと合わせ易いと思う。Salix。これも手放せないインクの一つ。

Anri Sugihara 334

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

  1. 藍のり より:

    いつも拝見させて頂いております。

    数年前に 初めて万年筆に興味を持ってから
    足しげく このページを拝見させてもらってます

    最初見た時は興味も出なかったモリタ万年筆も買ってしまいました(笑)
    あとは メタルのエラボー と 山中くらいでしょうか…

    根が貧乏な者ですから なかなか 管理の必要な古典に
    手が伸びなかったものの
    ここ一カ月の間についに 僕自身も 古典にのめり込んでしまいました
    ペリカンのブルブラの色合い とても好きです

    スカビオサもきっと買ってしまうんだろうな…

    古典の色合いは ほんと 他にはない気がして
    普通の染料インクに興味が薄れてきています

    これからも楽しみに拝見したいと思っています
    寒くなりますが お体には十分お気を付け下さい

    散文 申し訳ありません

  2. より:

    藍のりさん
    こんばんは、コメントありがとうございます!
    >>普通の染料インクに興味が薄れてきています
    これ、凄く分かります(笑)。古典BBの微妙なニュアンスにハマると、
    どうしても染料系では満足出来なくなりますよね。
    スカビオサも実に味わい深いボルドー色でオススメですので、是非試されてみてください!!

    既にもう家の中でフリース着用しています…しかしこの冬、寒くなりそうですね^^;

  3. Sora より:

    ご無沙汰してます:)
    朔さんの字、やっぱりほれぼれします。
    古典MidNightBlue復活してほしいです。私もストックがもうなくなってきました。どうしよう。
    引っ越し作業がんばってくださーい!

  4. より:

    Soraさん、こんばんは!ご無沙汰しております。
    古典版Midnight Blue、本当に署名運動でもやりたい心境です(笑)。
    ペリカンBB、サリックスを最近は好んでおりましたが、やっぱりあの茄子色は魅力的です!
    引越作業、面倒です^^;