インクの色卓。

シェアする

a color table of the ink 1

高島屋大阪店のオリジナルインク、2種。

a color table of the ink 2

「たこやき青のり色」と「泉州水なす色」。代引にて通販可能。ボトル形状を見てお察しの通り、Sailor製。これも石丸さんの作品?

a color table of the ink - Senshu Mizunasu iro Handwriting 1

「泉州水なす色」。因みに大阪の食をテーマとしたシリーズはこれが第4弾になるらしい。色は一言で言うと、青紫。同じ紫と言っても、日本橋紫とは全く別の色合い。PurpleよりもViolet。妙にギラついた派手派手しさは無く、上品な色合い。白地の紙にも映える。

a color table of the ink - Senshu Mizunasu iro Handwriting 3

a color table of the ink - Senshu Mizunasu iro Handwriting 2

色織々の匂菫や、茄子色ならばこれもということでMontblanc Blue Blackとも比較。以前にフェラーリの紫インクの話を聞いて以来、自分の中で青紫色をイメージしていたのだが、この泉州水なす色は比較的近いように思える。今は暫定的にペリカーノ・ジュニアに入れて使用中。様子見で別のペンにも入れて使ってみようかと。現状Pen and message. 朔を入れている中屋万年筆 赤溜とか。

a color table of the ink - Takoyaki Aonori iro Handwriting 1

こちらはその名もズバリの「たこやき青のり色」。たこ焼きと云えば、心斎橋アメリカ村三角公園のたこ焼き屋ってまだあるのかな? 自分はそこが一番好きでしたね。色合いは想像していたよりも明るめな緑。5月の新緑を思い出させるような爽やかさも感じる。ペリカーノ・ジュニアをつけペンにして書いた状態なので、実際にペンに入れて使用するとまた印象は変わってくるのかも知れない。「たこやき青のり色」というネーミングに惑わされないよう注意(笑)。

Mai Shibahara 3

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク