CROSS BlueBlack

シェアする

CROSS BBは紫色?

こうやって眺めると紫色ですねぇ…

新ボトルデザイン 

CROSS BlueBlack

先月、ヒメさんから頂戴したコメントにとても気になる一文が。

CROSSのブルーブラック(ボトルインク)を使ってみました。紫からブルーブラックに変色する珍しいインクでした。

機会があれば是非試してみたいなぁと考えていたところ、王国に入荷したとの情報をで知る。これは会社帰りに新宿西口方面まで歩かざるをえないではないか!

しかし西新宿方面で勤務するJR利用者は約15分以上かけて新宿から歩いていらっしゃる。小田急線で12駅程度なら歩いた方が早い(会社はそう言うらしいが本音は単に経費削減が狙いだろう)とは云え、毎日の事だから何とかならないものだろうか…。

蓋の部分がやけに重厚な堂々たるデザインである。帰宅後早速、カキモリ オリジナル万年筆(中細)に呑ませる。

インクノートに試し書き 

Pen and message.製インクノートに

先般届いたPen and message.のインクノートに試し書き。ヒメさんの仰るとおり、書いた直後は青紫色だが、乾くにつれて次第に青みが強くなってゆく。もしくは、赤みが消えていくと云うべきだろうか。この変色パターンはこれまで経験が無かった!

ふたふで箋に試し書き 

ふたふで箋 金鶯錯に(拡大)

(クリックorタップで複数画像が拡大表示)

ふたふで箋の金鶯錯,蔓葡萄にも書いてみる。粘度は然程高くないものの、ぬめりのある滑からな書き味。フローは申し分ない。このふたふで箋では僅かにヒゲが生えてしまう場合があるようだ。気になるレベルではないが。

AURORA BBとの比較

濃淡の出方もなかなか美しい。同じ染料系ブルーブラックであるアウロラ BBと較べてみると、かなり青寄り。プラチナやペリカン,KWZR&K等、青寄りなブルーブラック愛好家(いるのか?)には堪えられないインクとなるであろう(棒読み)。

まとめ 

ふたふで箋 蔓葡萄に

結論。これは“買い”のインクである。染料系以外のインクを頑なに使おうとしない万年筆保護派だがブルーブラックを使ってみたい方、黒寄りのブルーブラックはどうも…といった方、そして自他共に認めるアオラーにもオススメ出来るインクだと思う。

(了)

今回の音 

Wawa by the Ocean – Mary Lattimore

今回の美女 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

  1. ヒメ より:

    いつも拝見させていただいております。
    インクレビューありがとうございます。
    きれいな万年筆の筆跡?に感心させられます。

    最近、KWZ、CROSS、AURORAとブルーブラック愛好家には嬉しいですね!
    万年筆に吸わせるインクはAURORAとCROSSが多いですね。
    ご指摘のとおり、私は染料しか使用しない万年筆保護派のアオラーですので、LAMYのブルーブラック(染料)も茄子系(紫系)ではなく、濃紺系で気に入っています。
    気になるのは、STAEDTLERのブルーブラック(ボトルインク)です。

    • より:

      ヒメさん、こんばんは。コメント有難うございます!
      ご教示頂いたCROSS BB、とても気に入っております。そしてまた、STAEDTLER BBも試してみたくなりました…さすがアオラー、感服致しました(笑)。
      自分は緑・赤・茶に関しては、これだ!というのがなかなか見付からないでおります。直ぐに飽きてしまうというか。
      青、とりわけブルーブラックは使っていて安心感がありますね。