万年筆 インク – Golden Brown, Diamine Blue Black とか。

シェアする

Noodler's Ink Golden Brown & Diamine Blue Black
引き続き、Noodler’s Ink Golden Brown。このインク、乾くのに結構時間が掛かる。今はSafariF)のペン先を別の少しフロー絞り気味の個体に差し替えて使っているが、フロー多めのペン(先)でノートに書いてしまった後、なかなか閉じれなくて困る。そこが難点。

Observation of the color of Diamine Blue Black #1
ふと思い立って、Diamine Blue Blackを再び使い始める。ベースは濃いめの青・藍色で紙によってはWATERMANやPARKER Quinkの様に緑変する。これはバラ売りタイプのトモエリバーにAl-StarCopper Orange)に呑ませて書いてみた図。肉眼では本当はもう少し緑寄りだが、レンズを通してだと上手く再現出来なかった(汗)。

Observation of the color of Diamine Blue Black #3
Clickすると複数の大きい画像が見れます。
こちらはRHODIAに落書きしてみた図。なんだ、全然“いい”色じゃぁないの(笑)。なんで‘待機組’扱いしていたんだろう(笑)。

Observation of the color of Diamine Blue Black #2
My 定番(笑)の榛原蛇腹便箋。なんだBlue Hour TWILIGHT BLUEの方が緑変化度が高めではないか。他、松露やPeacock Blue(カキモリの。PRIVATE RESERVE)や同じDiamineのDENIMとかも担ぎ出してみたが、最も近い色合いはDENIMかな?なるほど、今度はDiamine BB vs DENIMで比べてみようと思う(笑)。

Aging progress of Montblanc Midnight Blue (iron-gall)
Clickすると複数の大きい画像が見れます。
インク・ジャーナル(蔦屋代官山店オリジナル)をめくっていたら、以前に所有のM800茶縞に入れていたMidnight Blue(勿論、古典版)の筆跡が残っていた。すっかり青みは抜けている。そうそう、古典BBって最終的にはこういう色合いになるんだよね…なんとも言えない風合いの良さ。だから好き、なのである(笑)。

How do you use GRAPHILO comfortably
依然としてGRAPHILOの快適な使い方に悩んでいる(笑)。自分なりにポイントを纏めてみる。参考にして頂ければ(嘘)。

My feeling is depressed
まぁ、才能も運も無い(皆無)しょぼくれた爺には明るい未来等無いのだけれど。年内の目標:行方不明になる事。

Riku Minato 11

スポンサーリンク
スポンサーリンク