たまには黒インクを。

シェアする

3 Black Ink Comparison #1
最近お気に入りの黒インク、3種類。GRAPHILOA5無地ペーパーに書いてみた図。PARKER Quink Blackは以前にも書いたが、吉宗さんブログでオススメする黒インクの記事を読んでから使い始めたインク。フローも良く会社の安いコピー用紙でも殆ど滲まない。今はサファリ(ネオン・コーラル)のEFに入れて使用中。傍に無いと不安になるというインクの一つである。

3 Black Ink Comparison #1 (zoom)
Noodler’s Ink Blackも、やっぱり好きなんだよなぁ…という黒インク。耐水性はバッチリ。粘度が高めなのでPilotのようなさらさら系インクで調整してあるようなペンだと厳しい。今はサファリ(ネオン)のEFで使用中。日本だと入手困難なのが悩みのタネ。

OMAS Black handwriting zoom
先月下旬の法定停電(クソ暑かった!!)の時にOAZOで買ったOMAS Blackもお気に入り黒インクにエントリー。こちらも黒み度は強くなく、濃淡の出る趣のある黒インク。これも比較的、安物コピー用紙に書いても滲みが少なく重宝している。#3776 センチュリー シャルトルブルー中字に呑ませている。

3 Black Ink Comparison #2
代わって榛原の蛇腹便箋に書いてみた図。うーん、どれも一緒に見えるんだけど…とは言わないように(笑)!

OMAS Black handwriting zoom #2
以前はMontblanc Black(今はMystery Black)やプラチナ黒あたりを好んでよく使っていたのだが、少々紙を選ぶ傾向にある為、実用度を重視した結果、この3種類となった。でも黒インクって面白味が無いとか地味とか、何かと敬遠されがちだが、やっぱりブルーブラックと並んで『基本』だと思う。

_img 326

スポンサーリンク
スポンサーリンク