カキモリ ブレンドインク その1。

シェアする

Kakimori Original Ink (Package)
12/7からカキモリで販売を開始したブレンドインク。当初、またセーラー製かと思っていたのだが、なんとPrivate Reserveを仕入れて自ら混合して造ったとのこと!
早速、発売の当日の土曜日、会社帰りに立ち寄り3本購入する。

Kakimori Original Ink (Bottle)
『瓶の口が一般的な万年筆用インクより狭く、直径が13mmになります。ほとんどの万年筆は入りますが、一部特殊な形状のものや、ガラスペンなどでは入らないものもございます。』
アロマオイルが入っていそうな小ぶりな瓶。パッケージ含めた全体のデザインは、一見シンプルだが過剰な装飾が無く、洗練された感じ。今回購入したのはIndigoOceanAmethyst

Kakimori Original Ink Color Sample 1
↑複数画像アリ。
旧型ペリカーノに付けペンでLiscio-1RHODIAに試し書き。濃い青のOceanBB系のIndigo、紫系のAmethyst。どれもフローは良く、発色も美しい。

Ocean (Kakimori Original Ink) handwriting
先ずはOcean。アルスターのEFに入れる。Private ReserveAmerican BlueDakota Redの混合と聞いて赤みが強い青かなと思っていたが、意外と落ち着いた濃い青。

Ocean (Kakimori Original Ink) handwriting (zoom)
ペン先が細字ではあるが、色の彩度が抑え目ということで、公私問わずオールマイティに使えそうな青色インク。いいですねぇ!

Indigo (Kakimori Original Ink) handwriting
今回の3色の中で一番期待したのがこのIndigo。サファリのEFに。当初ペリカーノに付けペンで書いた時、インクが乗り過ぎたせいもあるのか、かなり赤光りしたのには驚いたが…。

Indigo (Kakimori Original Ink) handwriting (zoom)
混合元のインク名を失念してしまった orz。Velvet Blackとあと何だったっけ…。このインクが(購入した3色中)最も粘度が高い。乾きも遅いというか、乾いた後でも擦ると平気で指に付いてしまう。それでもこの濃紺,ブルーブラック然とした色合いは魅力的。うん、いいねぇ!

Amethyst (Kakimori Original Ink) handwriting
最後はAmethyst。サファリのFで。青みのある紫。発売当日の夕方で既に棚の“空席”が目立っていたので、結構人気のあるインクなのかな?

Amethyst (Kakimori Original Ink) handwriting (zoom)
いいねぇ、この紫色。派手過ぎず地味過ぎず、紙面が煩くならない。うん、良い!

Kakimori Original Ink Color Sample 3
Private ReserveってInk Mixing Kitを出してましたよね?。 それはともかく、カキモリさんの目の付け処がイイなぁと感心した次第。

Tomoka Tsukimura 12

スポンサーリンク
スポンサーリンク