カキモリ ブレンドインク その3。

シェアする

Kakimori Blend Ink
現在所有しているカキモリ ブレンドインク。左からOceanAmethystIndigoPlanetPeacock Blue

Kakimori Blend Ink - Peacock Blue
先日の金曜に購入した5本目のPeacock Blue。緑掛かった青。名前から色彩雫の孔雀を連想してしまうが、さて?

Pilot iroshizuku tsuki-yo comparison Kakimori Blend Ink - Peacock Blue 1
↑複数画像アリ。
おそらく色合いとしては最も近いと思われる月夜と比較してみる。旧型ペリカーノにそれぞれ付けペンでRHODIAとトモエリバーに試し書き。2色とも同傾向に見えるが、月夜の方が青みが強い。ただ、エラボー・メタル(細軟)に月夜を入れて書いていた時はもっと緑が強かったはず。

Kakimori Blend Ink - Peacock Blue handwriting on 'tomoeriba' Paper
サファリ(細字)に入れて暫く書いてみた後、結局(同じカキモリ ブレンドインクの)Planetを入れていたエラボー・メタル(細軟)にも呑ませてしまった。
上の写真はトモエリバーにそれぞれのペンで落書きしてみた図。上半分がサファリ・下半分がエラボー・メタル。綺麗にShade(濃淡)が出ている。

Kakimori Blend Ink - Peacock Blue handwriting on Bank Paper
↑複数画像アリ。
バンクペーパー,CIRO(本文はLiscio-1)に書いてみる。発色がいいです。

Kakimori Blend Ink - Peacock Blue handwriting on Haibara Bellows Letter Paper
榛原 蛇腹便箋に落書き(サファリ+エラボー・メタル)。こんな適当な癖字でも、インクの濃淡が綺麗に出ると躍動感があるように見えてしまう。

Kakimori Blend Ink - Peacock Blue handwriting on Haibara Bellows Letter Paper (zoom) 1
↑複数画像アリ。
エラボーとの相性も良さそうだし、暫くはこのPeacock Blueを常用してみようと思う。

Kakimori Blend Ink - Amethyst handwriting on CIRO (zoom)
こちらはサファリ(細字)に入れたAmethystCIROに落書き。このAmethystもお気に入り。深海が切れて洗浄完了したキャップレス・デシモ(細字)に入れてみました。

Sailor Professional Gear (Morita Fountain Pen Shop Original) + Montblanc Permanent Blue
話は前後するが、モリタ万年筆店プロギア(中細)には現在Permanent Blueを入れて愛用中。丁度1週間強経ったが、特に問題も無く使えている。

Sailor Professional Gear (Morita Fountain Pen Shop Original) + Montblanc Permanent Blue (zoom)
セーラーは青墨も出しているくらいだから、Permanent Blueでも全然いけるんじゃないの?という全くデタラメな発想です(笑)。

Kakimori Blend Ink - Planet & Montblanc Permanent Blue
エラボー・メタルにPlanetを入れていた頃、プロギアと一緒にCIROに書いてみた図を唐突に引っ張り出す。Planetはカスタム74(細字)に入れようかなぁ。

Kakimori Blend Ink - Planet & Montblanc Permanent Blue pt2
↑複数画像アリ。
Liscio-1に乗ったPermanent Blue、なかなか美しい色合いになります。Planetは、これどこのメーカーの黒インク?と聞かれそうですが、限りなく黒に近い濃紺ですんで!

Saki Kouzai 33

スポンサーリンク
スポンサーリンク