キングダムノート クルマエビ。

シェアする

秋と黒タイツ

クルマエビ

KINGDOM NOTE オリジナルインク クルマエビ

(クリックまたはタップすると、複数画像が拡大表示されます)

秋~冬を感じさせるエレクトロニカやアンビエント,アンビエント・フォークなんかがしっくり来るようになってきたこの季節、インクもやっぱり“それらしい”色合いで使いたくなる。秋イコール茶というのはあまりに短絡的過ぎるが(笑)、つい先日、新宿のキングダムノートでセピア色のインクを購入した。オリジナル・ボトルインク・シリーズ『甲殻類』から、「クルマエビ」。しかし、甲殻類やら昆虫、野鳥、きのこ…キングダムノートはなかなか目の付け処がユニークで良い!(笑)

クルマエビ 試し書き #1

アルスター(コッパーオレンジ)EFに入れて、geografiaノート(本文は、蔦屋代官山店のインク・ジャーナルと同じ紙)に試し書き。他に色彩雫 土筆,山栗、WATERMAN HAVANAも比較の為に引っ張り出す。

クルマエビ 試し書き #1 (拡大)

店頭で試し書きさせて頂いた時は、赤みの無い茶色で山栗に近い色合いかなぁと思っていたが、こうして比べてみると似てはいるものの、クルマエビの方がより明るい感じがする。

クルマエビ 試し書き #2

因みに、クルマエビはペンに入れて約3,4日程経過している状態。今度は榛原蛇腹便箋に落書きしてみる。このインク、セーラー製だがあまり粘度は高くなく比較的さらっとした性質である。のっぺり感は無く、濃淡も出やすい。

クルマエビ 試し書き #2 (拡大)

(クリックまたはタップすると、複数画像が拡大表示されます)

神戸インク物語の旧居留地セピアの方が近い色合いなのかも知れない。赤みの無い落ち着いた茶系インクが好みならば、買って損はしないと思う。

今回の音…

Ryan TeagueSite Specific』より♪Point Of Departure

エレクトロニカでありアンビエントでありジャズであるという。

今回の黒…[6枚]…Season coming!!

_img 1908

いやぁ、街行く女性の黒タイツ率がUpしてきましたので、とても嬉しいかぎりです♪

スポンサーリンク
スポンサーリンク