北野坂ナイトブルー、Yagya、EDiTとか。

シェアする

北野坂ナイトブルー

Kitanozaka Night Blue ink

ナガサワ文具センター 神戸INK物語の新色、北野坂ナイトブルー。限定品のフェルメール・ブルーと違ってこちらはレギュラー品だそうな。

Kitanozaka Night Blue handwriting 1 (comparison iroshizuku shin-kai)

早速サファリの細字に入れて試し書き。インクはねっとりと粘度があり、フローも大変よろしい。比較として(同じサファリの細字に入れた)色彩雫の深海と。紙はトラベラーズノートの軽量紙リフィル。北野坂ナイトブルーは濃く深い青で落ち着いた色合い。趣味文vol.24の表現を借りると『幻想的なナイトブルー』。

Kitanozaka Night Blue handwriting 2 (comparison iroshizuku shin-kai and more...)

Liscio-1のブロックメモに。タンザナイトほど紺の要素は強くない。

Kitanozaka Night Blue handwriting 2 (comparison iroshizuku shin-kai and more...) (zoom)

単に濃くて深い落ち着いた色合いの青という表現だと、お決まり過ぎてどうも…なのだが。実際にこの記事を書いている時点では、更に色合いが濃くなってきた感じで、より深みのある青になっている。セーラー特有の赤光りも見受けられず、これはかなりお気に入り。余談だが、調子に乗って北野坂ナイトブルーと同時に発売された「栄町インディゴ」も、その後オーダーしてしまった(実は今日届いた・笑)。

iroshizuku take-sumi and Parker Black and more handwriting

軽量紙リフィルの余白に落書き。何気に竹炭を気に入っている。会社の打合せメモ取り用としては、俄然、パーカーの黒が主流だが。

Pelikan Edelstein Tanzanite handwriting (comparison Montblanc Midnight Blue)

ほんの暫くの間、精製水を入れて保存していたM400B)にタンザナイトを入れてまた使い始める。しかしこのインク、色合いも良いがフローも実に良い。引き合いに出されるのはやはりミッドナイト・ブルーになるが、似ているようで似ていない。

Pelikan Edelstein Tanzanite handwriting (zoom)

敢えて難を挙げるとすれば、少々赤光りしやすいってことか…まぁ気になるほどではないが。

Montblanc Midnight Blue handwriting (zoom)

M800B)に入れているミッドナイト・ブルー。染料系でこの色合いを出すのはやはり無理なんでしょうかね?

Yagya – Rhythm of Snow

Yagya - Rhythm of Snow (Remaster)

Discogsから11/30にやっと届いたYagyaのリマスター再発『Rhythm of Snow』!! いやぁ~もう嬉しいのなんのって。感無量。最近はこればっか聴いている。因みにAmazonでは度重なる延期(←これに頭にきてキャンセル、Discogsでオーダーした)からここしばらくは12/4発売予定になっていたが、現在では‘一時的に在庫切れ 入荷時期は未定’になっている。本当に12/4に発売されたのかな?

EDIT – Lite Daily Planner 2013

EDIT - Lite Daily Planner 2013

OAZOで思わず買ってしまったMARK’S EDiT Lite DAILY PLANNER。色はマロンブラウン。B7

EDIT - Lite Daily Planner 2013 Side (Gold)

分かり辛いがコバの部分はゴールド仕様。

EDIT - Lite Daily Planner 2013 Inside Page

肝心の中紙は薄くて頼りなさげだが、万年筆のインクのノリは良く滲みもない。若干線は太めに出るようだ。ミッドナイト・ブルーを入れたサファリの極細で丁度いい感じ。机上で使うダイアリーは2013年もLiscio-1 Weeklyなので、持ち歩き用として小さくて嵩張らない物を探していた。Good

Shizuka Nakamura 19

スポンサーリンク
スポンサーリンク