滅紫と裏葉色

この記事は約2分で読めます。

京の音 青鈍。

けしむらさきとうらはいろ(外箱)

仕事が忙しくてなかなかリアルタイムに記事を公開出来ないまま、もう令和の時代…。
遅ればせながら、虎ノ門の某店で以前に入手した京の音インク2種類を晒します。

けしむらさきとうらはいろ

「滅紫(けしむらさき)」と「裏葉色(うらはいろ)」。以前「青鈍」を通販で取り寄せた時のような、インク漏れインシデントは起こっていません…店頭買いなので当たり前の話ではありますが(笑)。

滅紫と裏葉色 ふたふで箋

ふたふで箋にペリカーノ(M)につけペンで書いてみた図、です。

滅紫 ふたふで箋

裏葉色 ふたふで箋

両者共に、色彩雫を彷彿とさせるさらっとした水っぽい性質のインクで、色合いはとても薄め、です。それぞれLamy Safariに入れていたのですが、最初は非常に色が薄く焦ってしまいました(笑)。滅紫の方は色彩雫の冬将軍に似た色合いかも? これを味わいのある…と呼んでもいいのかもしれませんが、会社使い等の実用性は低いと思われます。

滅紫と裏葉色 蛇腹便箋

今度は(毎度お約束の)榛原蛇腹便箋に。達筆の方が縦書きで書かれると、かなりいい感じになるかと思います(笑)。すみません、汚文字で。

裏葉色 蛇腹便箋

滅紫 蛇腹便箋

少しグレー交じりの彩度抑え目な緑ですね。ミドラーの方はチェックされてよろしいかと思います。個人的にも、滅紫よりこちらの裏葉色の方が好みです。
滅紫もペンの中で煮詰まってくると、いい感じのブルーブラック的な色合いになります。でも、この2つのインクは入れた直後の薄~ぃ色合いが本来の主旨なんだろうなぁと思います。

付き合いのある会社さんだったせいもあり、勢いで同時に2つも購入してしまいましたが…ちょっとこれは事前リサーチが不十分過ぎましたね。以降、衝動買いには気を付けます(笑)。

コメント