神戸INK物語 御影グレー、旧居留地セピア。

シェアする

御影グレーと旧居留地セピア

Mikage-Grey & Kyukyoryuchi-Sepia ink

ナガサワ文具オリジナル 神戸インク物語の「御影グレー」と「旧居留地セピア」を買い直す。

Mikage-Grey handwriting

御影グレー。Al-Star Bニブに吸入。グレーとは云いつつも、赤み(紫)を帯びた暖色系のグレー。

Chu-Shu vs Mikage-Grey

気になる色織々 仲秋との比較。非常によく似ているのだが、乾くとご覧のように微妙な差が出る。仲秋の方が僅かにグレーの要素が強い。御影グレーは赤みが強いと見受けられる。インクの成分も似たような感じで、割とさらっとしておりフローはとても良い。

Kyukyoryuchi-Sepia handwriting

お次はSafari Mニブに入れた旧居留地セピア。BUNGBOXのノスタルジアほどシャバシャバではないが、比較的さらっとした性質のインク。

Doyou vs Kyukyoryuchi-Sepia vs Nakayamate-Black

いずれペンの中で煮詰まってくると、また色合いも変わってくるのだろうが、暗過ぎず明る過ぎずやさしいマイルドなブラウン。同じ神戸インクの中山手ブラック,色織々 土用と比べると、より明るい色合いが目立つ。丸善のアテナインキ セピア程赤みを帯びていない。この手の色合いだとR&Kのセピアが最も好みなのだが、あれは扱いが難しいから。ここに書いた3色はどれも茶系ではお気に入り。どれもオススメ。

中秋と鳩羽鼠

Chu-Shu + Hatobanezu

素人撮影では上手く再現出来ず歯痒いのだが…仲秋、いい色です。

Chu-Shu zoom

御影グレーとかなり似ているのだが…仲秋の方が何というか…艶っぽい? そう、Sexyなのです…。

Chu-Shu + Hatobanezu zoom

グレー系とはいっても、鳩羽鼠のようなBlueBlack寄りの色合いもあったりするんで、奥が深いです、はい。

Liscio-1 ジョッター・サイズ

Liscio-1 Jotter Size

ちょっとしたメモにいいかな?と思い、Liscio-1のジョッター・サイズ(7.5cm x 12.5cm 100枚入り)を2個購入。直ぐにヘタれるか?と思いきや意外と健闘しているLamy BBを入れたプレジールや、旧Montblanc BBに入れ替えようかと悩んでいるMystery Black入りCustom743 SUなどでツラツラと書く。同じLiscio-1のブロックメモではちょっと小さいなぁ、という時に絶妙のサイズ。

Lamy BB on Liscio-1 Jotter Size

濃淡が実にいい感じ。普通の染料ではこういう色合いを出せないものか…?

スポンサーリンク
スポンサーリンク