雑記121。

シェアする

Platinum #3776 Shoji + Pen and message. Saku ink

精進のインクをプラチナBB→ミッドナイト・ブルーときて、Pen and message.の朔にしてみた。セーラー製で元々フローが大変良いインク。ペンの中で煮詰まった状態で太字で汁だく気味に書くと、セーラー・インク特有の赤光りが目立つのが玉に傷。しかし細字で適度なフローで書く分には赤光りも目立たないし、スリップシール機構のせいか、急激に煮詰まることもないだろう。古典BBの時と比べて明らかに書き味が良くなった。

Fugenn & The White Elephants - Prays , Ametsub - Linear Cryptics

↑複数画像アリ。

タワレコ新宿店にアメツブの1st.を受け取りに行った際、Fugenn & The White Elephantsも試聴して思わず買ってしまった! タワレコ新宿店 10Fの奥のコーナーは、今の自分にとって癒しのコーナーです(笑)。

Rhodia Webnotebook handwriting 1

Webbieに各種インクで落書きの図。

Rhodia Webnotebook handwriting 2

↑複数画像アリ。

実は、Webbieのオレンジも黒も待機組になっている。代わりにアピカのC.D.NOTEBOOK シルキーA6罫線をまた買ってしまった。これに合うノートカバーを物色中…やっぱりこの紙の書き良さは捨て難いものがある。

セーラー青墨で落書き

プロフィット21 中字のペンポイントって、例えばPilotの中字などと比べて、面取りが独特な気がする…スィートスポットにはまると書き心地はとても良いのだが…。

Pelikan Royal Blue & Montblanc Midnight Blue

149の細字、M400の太字。149はインクをミッドナイト・ブルーに替えてから非常に調子が良い。最初はこの筆致があまり好きではなかった、実は。

Pelikan Royal Blue (zoom)

M400のインクはペリカンのロイブルで取り敢えず落ち着いている。近々ミッドナイト・ブルーにして会社で使うかな?

Montblanc Midnight Blue (zoom)

これはM800の太字に入れたミッドナイト・ブルー。時間が経つと黒が強くなり微妙な色合いになるのが好き。

Rina Akiyama 9

スポンサーリンク
スポンサーリンク