プラチナ クラシックインク 雑記。

シェアする

夜桜

Cherry blossoms at night are such sweet sorrow…

測量野帳GOLDに落書き

測量野帳+クラシックインク

(クリックまたはタップすると、複数画像が拡大表示されます)

英国TWDから新しいインクが届く前に、プラチナ クラシックインクの雑記を。手元にあった測量野帳GOLDNOLTY GOLDの様な豪華版という意味ではなく、単に表紙が金色であるというだけ・笑)に落書きしてみた図。

測量野帳+クラシックインク(シトラズブラック フォレストブラック セピアブラック)

測量野帳の紙質が秀逸なのは言うに及ばず…であるが、ご覧の様にクラシックインクで書くと、実に綺麗に濃淡が出て味わい深い色合いになる。相変わらず筆記中に文字が見えない(笑)シトラスブラックも、乾くといい具合に円やかな黄金色に落ち着く。フォレストブラックはより“わび・さび”が深まる感じ? セピアブラックも渋くて大人の私にピッタ(ry

測量野帳+クラシックインク(ラベンダーブラック フォレストブラック)

ラベンダーブラック、上品な色合いですなぁ。このインクを入れた万年筆で、さらさら…と美文字を書く女性(眼鏡着用、勿論黒タイツ美脚必須)が居たら、もぅ奴隷にしてくださぃと懇願するな、絶対。

測量野帳+ペリカンBB+クラシックインク(シトラズブラック セピアブラック)

真ん中2行はペリカンBB。上がシュトレーゼマン細字で下が緑溜中軟。BBと云えば、Auroraから待望のブルーブラックがこの3月に出るらしい。日本での発売はいつ頃になるのか? また輸入するしかないか…それまでの間、Aurora BlackBlueを混ぜて遊んでみるという手もあるかな…?(笑)

コメント(ひめさん、ありがとうございます!)からの情報によると、丸善日本橋店 世界の万年筆展(3/1 – 3/7)のAuroraブースにて(在庫が在れば)購入可能らしい。早速取り置き依頼してみたが、7日迄に行けるかな…orz

今回の音…だから食わず嫌いは(ry

SamphaProcess(Japan Edition)より、♪Answer

今回の美女…奮発10枚

実はそれ程胸へのこだわりは無い…

(クリックまたはタップすると、拡大された複数画像でハァハァできます)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

  1. なりひら より:

    先日、M405の線幅調整の相談をさせていただいたなりひらです。無事調整完了し、いい感じになりました。国産並みのEFではないですが、A5サイズの手帳に使えます。お騒がせいたしました。以上ご報告まで

    • より:

      なりひらさん、こんばんは。
      M405の調整の件、おめでとーございまーす!
      更に愛着が沸いて、手放せない一本になるかと思います!

  2. ひめ より:

    いつもブログ拝見しております。
    本日、日本橋丸善で開催されている世界の万年筆展のアウロラブースでブルーブラックのインクボトル売っていました。
    2,000円で定番商品とのことでした。染料インクですが、耐光性があり、公文書で使用可能など気になる記述がありました。
    1本購入しましたが、まだ在庫あるようでした。

    • より:

      ひめさん、こんばんは。
      情報ありがとうございます!
      体調がイマイチなので、世界の万年筆展、今年は行けそうにないかもです(T_T)
      万年筆展終了後、普通に店頭にあればいいのですがね…