R&K Sepiaが問題無く使えている件。

この記事は約1分で読めます。

R&K Sepiaを入れたM805でGRAPHILOに

粒子が大きいとやらで詰まるインクとして有名(?)なローラー&クライナーのセピア。Lamy等コンバーターを使った万年筆ではことごとく裏切られてきました。
ある時、洗浄が終わったM805 黒縞に呑ませてみた結果…全く問題無く使えているというご報告です。

Pen and message.の紙

やはり、ペリカンのペン芯が秀逸だった為…ということでしょうか。3,4日使わず放置した後に書き始めても、全く問題ありません。すんばらしぃっ!! この手の焦げ茶系インクでは、最も好みの色合いです、Rohrer & Klingner Sepia。

顔料だなんて全くの噓!

事あるごとに、ローラー&クライナーのインクは顔料だ説が取り沙汰されますが、ご覧の通り、耐水性は皆無です。

ローラー&クライナーのインクは、顔料ではありません!! (キリッ
スポンサーリンク
ink
Storia Di Un Minuto

コメント