ローラー&クライナー セピアと色彩雫 山栗とか。

シェアする

Rohrer & Klingner Sepia comparison Pilot iroshizuku yama-guri
先日、代々木からの帰りに新宿で下車してKINGDOM NOTEへ行く。以前にペンクラスターで購入したことがあるローラー&クライナーのセピアを購入。当時サファリで使用していたのだが、日を追うごとにフローが渋くなり途中棄権。物凄く好みの色合いだっただけに残念な思いをしたのだった。鉄ペンがダメな要因だったのか不明だが、それでは金ペンだとどうなのよ?と再度挑戦することに。

Rohrer & Klingner Sepia comparison Pilot iroshizuku yama-guri (zoom)
入れたペンはナガサワオリジナルのプロフィット(中細)。カクノ(中字)に入れた色彩雫 山栗との比較。
このセピアと山栗、特に乾いた後の色合いが実によく似ている。山栗は書いた直後は若干の赤みも感じられるのだが、乾くとグレー掛かった渋めの茶に変化する。同様にセピアの方も同系統で、枯れたというところまではいかないものの、まさにセピア調の落ち着いた色合い。
肝心のセピアのフローの方は、何日か経過したが特にフローが悪くなるという現象は(今のところ)起きていない。やっぱり鉄ペンだったから?それともサファリの密閉性が悪く煮詰まってしまったから?

Rohrer & Klingner Sepia Graffiti
どうでしょう?これは常用してもいいよね?

Rohrer & Klingner Sepia and Pilot iroshizuku yama-guri Water Resistant Examination (after)
一応、耐水性テストなども。山栗、結構頑張っているなぁ。ペン先やフローの状態が異なる等、条件を揃えていないので、あくまで一参考程度ということで。

Pilot Elabo (Metal) SF and iroshizuku tsuki-yo
エラボー金属軸(細軟)も結局インクを抜いて月夜に。ん?金属軸と樹脂軸(深海)とで、単にインクが入れ替わっただけじゃん(笑)。

Faber Castell Albrecht Durer - Warm Grey VI & Deep Red & Viridian handwriting
ファーバーカステル アルブレヒト デューラー水彩色鉛筆を追加で3本購入。今回はディープレッド,フタログリーン(ビリジャン),ウォームグレーⅥ。会社でよく使っているのは前者2色。
悩ましいのがペンケース。取り敢えず今はつくしペンケースに忍ばせているが、
鉛筆専用のハードケースで軽くて丈夫でお洒落で、何よりこの鉛筆がスッポリ入るペンケースを探しているところ。なかなかイイのが見つからない。

Anri Sugihara 67

スポンサーリンク
スポンサーリンク