栄町インディゴ,月夜,竹炭とかYagya Rigningとか。

シェアする

tsuki-yo vs sakaemachi indigo

色彩雫 月夜とナガサワ文具 栄町インディゴの比較。紙は榛原蛇腹便箋。

tsuki-yo vs sakaemachi indigo (zoom)

似ているかもと思ったが、全然(笑)。やはり月夜の方が、緑分多め。

Handwriting on Masuya mini Manuscript paper 2

趣味文の太字×満寿屋×純正インクに触発されて、洗浄中だった743 SUに色彩雫 竹炭を入れる。この竹炭はフロー良い!

Handwriting on Masuya mini Manuscript paper 2 (zoom)

Pen and message. 吉宗店主のツバメノートのフールス紙にはパイロットのインクも実に興味深い。実際に引き出しの肥やしになっていたツバメノートに竹炭や月夜で書いてみると、なるほど納得。特にサファリの細字に入れた竹炭での書き味が気持ち良かった。

Yagya - Rigning (front)

Discogsから今日、Yagyaの「Rigning」(新品!)が届いた!!

Yagya - Rigning (back)

Yagya(ヤギャ?)は、アイスランドのAdalstein Gudmundssonというミュージシャンのソロ・プロジェクトとのことだそうな。因みにYagyaとはヒンディー語で古代において神官が行っていた供養儀式、加持祈祷儀式を指すらしい。う~ん、何か宗教的な薫りがするが、音の方はダブ/アンビエント・テクノの部類になる。

Yagya - Rigning (media)

レーベルはKettelなどが所属するSending OrbsCDのレーベル面も水滴が付いて濡れたようなギミックになっている。音の方は、百聞は一聴(?)にしかず↓

Saki Tachibana 4

スポンサーリンク
スポンサーリンク