セーラー 四季織 霜夜。

シェアする

霜

氷霜が咲く池のほとり 

セーラー 四季織 霜夜

セーラーの四季織、前回の「夜長」に続いて今回は『霜夜』です。世界堂新宿西口店での購入。

セーラー 四季織 霜夜の試し書き

GRAPHILO ブロックメモに、つけペン(ペリカーノ M)とアルスターEFで試し書きです。アルスターの方は若干ペンの中で水分が飛んで濃くなっております。書いた直後は濃いめの紺色ですが、乾くと褪色しグレーの要素が強めに出るようです。

セーラー 四季織 霜夜と夜長

前回購入した夜長とも較べてみましょう。一目瞭然、夜長の方がより(赤みを含んだ)青が強いですね。ブルーブラックという呼称に限って云えば、夜長よりも霜夜の方が相応しい感じがします。

セーラー 四季織 霜夜とブルーブラック系インク

霜夜を中心に、他のブルーブラック系インクと較べてみたいと思います。夜長の場合は、青山書斎館 青藍とクリソツだという事がネタバレしてしまいましたが(笑)、霜夜に関してはどうでしょうか…京の音 青鈍が近いかもと思っていたのですが、こうやって見ると似ていませんね。比較的色合いとして近いのはKWZ InkPelikanでしょうか。

榛原蛇腹便箋に霜夜-アルスター版

榛原蛇腹便箋に霜夜

榛原蛇腹便箋に、アルスターEFとカクノ(透明)EFで書いてみます。インク・フローについては申し分ないですが、夜長ほどユルユル感は無いです。濃淡も(紙に依りますが)夜長よりは出やすい感じがします。

ダイソー上質紙ノートに霜夜

最後はお馴染となった(?)ダイソー100円上質紙ノートです。青みが強めのブルーブラック系がお好みであれば夜長を、古色蒼然としたブルーブラック系がお好きでしたら霜夜をオヌヌメ致します。どちらも実は(?)いい色だと思います。個人的には霜夜の方を気に入っております。

今回の音 

A Dream With A View – Duncan Mackay

今回の黒… 

2017年秋冬。いよいよシーズン到来!

スポンサーリンク
スポンサーリンク