セーラー ストーリア ナイト,Nightfall。

シェアする

夜明け

STORiA ナイトを久々に使ってみる

STORiA ナイトを入れたカキモリ ローラーボールで波抹茶に落書き

20154月に発売された超微粒子顔料ボトルインク、STORiA(ストーリア)。イタリア語で『物語』や『歴史』の意味(当ブログ – Storia di un minuto – はイタリア語で『1分の物語』)なのは周知の通り。暫く(正確には長く・殆ど)使っていなかったこのSTORiAのナイト(…という名前だが実態は青空の様な明るい青色)を引っ張り出し、カキモリ ローラーボールに吸わせて使い始めている。伏線として、カキモリ インクスタンドの顔料インク(ターナー色彩株式会社製)でオリジナルインクを造り、ローラーボールに入れて書いてみたいインクスタンドが予約制になってしまい、都合の良い時間帯でなかなか予約が取れないそれじゃぁ予行演習的に(?)STORiAで代用してみよう…という経緯があった。

セーラー STORiA Nightとか。
セーラー STORiA Nightとか。
セーラーから新しく発売された顔料インク、STORiA Nightを試してみる。

STORiA ナイトを入れたカキモリ ローラーボールで波抹茶に落書き(拡大)

ターナー製顔料インクとSTORiAの互換性がどの程度あるのか見当もつかないので予行演習も何もあったものではないが(笑)、手持ちの顔料インクで使い物になるのは唯一STORiAしか無かった、というのが本当のところである。(くどい様だが、ローラー&クライナーのインクは顔料ではないのであしからず。別途、ドキュメントインクというシリーズがある。)

やはりローラーボールは、インクの乾燥スピード(煮詰まり度)が早いと思う。吸入した翌日に書いてみると、既に青の色合いが濃くなっている。インクスタンドのサイトでも、『ローラーボールのペン先は非常に乾きやすくなっています。1日使わなかっただけでも書き出し時に少々インクが出づらい場合があります』と記載されているので、その性質を理解した上で使っていくしかないだろう。

久々に使ってみたSTORiA ナイトであるが、ご覧の通り比較的きれいに濃淡も出ており、明るい青色が好みの方であれば、一度は使ってみる価値はあると思う。(くれぐれも“ナイト”というネーミングから連想される色合いを期待しないように!)

それではここでもう一度顔料インクの耐水性を見てみましょう

おさらいの意味も兼ねて、今一度、顔料インクの耐水性の凄さを見て頂こう。Before/Afterの画像を見てもらうと分かると思うが、本当にびくともしない。逆に、こんな液体がペンの中に入っている…と思うと、怖くなってしまう(笑)。耐光性については検証したことは無いのだが、おそらく染料インクや古典ブルーブラックよりも秀でていると思われる。『書いたものを後々しっかり残したい』のであれば、今のところ顔料インクがやはり最強ということか。

STORiA(ストーリア)顔料ボトルインク[全8色] | セーラー万年筆 |公式ウェブサイト

[.que] Nightfall

[.que] 『Nightfall』は写真集+CDです。

[.que](キュー)。徳島出身の柿本直(29歳とのこと)によるソロプロジェクト。『Water’s Edge』など彼の作品のファンである。昨年、異なるジャンルのアルバム『Daylight』と『Nightfall』を2作同時リリース…という情報を得て以来、特に“インストゥルメンタル楽曲を中心に構成され、ピアノをメインに制作されたアコースティック、アンビエント作品”である『Nightfall』がずっと気になっていたのだが、今回ようやく大宮のmore recordsさんにて入手!!

CDはどこに封入されているかというと…

プラケース、或いは紙ジャケとは異なり、A5サイズ、全28ページから成る写真集にCDが付いている…といった仕様である。

それではここで写真集を見てみましょう

(クリックまたはタップすると、複数画像が拡大表示されます)

フォトグラファー 国分真央さんによる美しい写真集を見ながら、ピアノがメインとなる美しく叙情的な楽曲に酔いしれる。既に放映が終わってしまった「チューボーですよ!」風に言うなら、『今宵も真の音楽家に感謝』。

今回の黒…[?枚]

_img 2024

スポンサーリンク
スポンサーリンク