Kobe INK物語 水道筋マルシェブルー。

シェアする

涼を運ぶペンと紙とインク

涼を運ぶペン・紙・インク

水道筋マルシェブルー

水道筋マルシェブルー #1

水道管の上に道、だから「水道筋」

ナガサワ文具センター 神戸インク 水道筋マルシェブルー。以前にこのインクについて書いたと思っていたら、201411月に投稿したこの記事の中で、チラとしか触れていなかった。趣味文 vol.30 66ページ、小日向京さんの「旅は文具を連れて」でトラベラーズノートに書かれた美しい手書き文字のインクに感動し、早速ネットで注文しようとするも、既にSOLD OUT。余談だが、この頃辺り…いや、もう少し前からだろうか、ことごとく“ご当地インク”系が軒並みどこも品切れ化し始めたのは。転売目的での1人複数個買いや、海外からの爆買いの影響なのか、結局入手出来たのは随分と時間が経ってからであった。

水道筋マルシェブルー IDEA

IDEA(トモエリバー)に書いてみた

以前にこの水道筋マルシェブルーについて書いた内容を読み返してみると、どちらかというとあまり好意的な印象ではないように思える(笑)。夏の暑い日の一服の清涼剤となるはずが、随分と待たされてしまい季節外れとなってしまった恨めしさからだろうか…いずれにせよ、その後棚の奥で待機組となってしまっていたのだが、今回ひょんなことから(別のインクを探していた)、偶然にもこのインクと再開を果たすこととなった。どうせなら入れるペンも見た目爽やかな軸の方がいいと思ったところに、これまた偶然に(?)ダビドフのインクが切れて洗浄を終えたばかりのKawecoの青透軸のペンが。渡りに船とばかりに水道筋マルシェブルーを呑ませる。

水道筋マルシェブルー IDEA [拡大]

ペパーミントグリーンかエメラルドグリーンか

まさに、この時期だからこそ映える色ではないだろうか? 普段からブルーブラック系の色合いを好んで使っているせいか、とても新鮮な感じがする。体感的に涼しさを感じたいのであればエアコンの冷房スイッチを押せば事足りるが、見た目の涼感という点では、この水道筋マルシェブルーは実に爽やかな気分にさせてくれる。

Kawecoのペン

Kaweco万年筆のペン先

This is summer fountain pen.

Kawecoのペンは、以前にカキモリで購入したもの。ペン先はスチール製で、中字。他の鉄ペン…サファリ/アルスターやカクノ、ペリカーノ等とはまた違い、コツコツとした硬い書き味である。このペンで書く度に、あぁ鉄だなーと妙に納得してしまう(笑)。ヨーロッパ・ショートタイプのカートリッジしか挿せないのが難点。自分の場合、空になったカートリッジを洗浄し、百均で売っている化粧品詰替え用の注射器で吸入している。

マルシェブルーと碧翡翠

水道筋マルシェブルー 碧翡翠

究極の涼感仕様誕生か?

さて、ペンとインクが涼感仕様であるならば、紙もそれに合わせたい。そこで満を持して(?)の登場が、飾り原稿用紙 碧翡翠。果たして酷暑が吹き飛ぶ涼感仕様の誕生となったのか否か?

水道筋マルシェブルー 碧翡翠 #2

碧翡翠の罫線色との相性

↑複数画像あります

自然光下での撮影だと、水道筋マルシェブルーはかなり緑が強い感じであるが、実際はもっと青い色合いである。(夜に蛍光灯の下で見ると、更にそう感じる。) 汚文字が涼感を損ねている…というご指摘もあろうが、碧翡翠の罫線色と上手く反響し合っているのではないかと。如何でしょうか?

水道筋マルシェブルーってこんな色 #1

夏季限定色…と云うと語弊あり?

↑複数画像あります

これを単なる“色水遊び”と蔑むなかれ!(笑) 日本人は古来より、五感に訴えかける方法で夏の暑い日に涼を取る知恵を持つ民族であったのだ…。

おまけ(Pelikan BB)

Pelikan BB 褪色 #1

ブルーブラックの醍醐味は褪色にあり?

↑複数画像あります

1年程前、IDEAM805 シュトレーゼマンで書いた筆致。インクはおそらくPelikan BBだと思われる。青みが完全に抜けて定着している。これを渋いと言わずに何と言うのか。

今日の…

Anri Sugihara 130

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

  1. よはねす より:

    朔さん、こんばんは。

    夏色、と言ってしまえばそれまでなんですけど、やっぱりこう暑いと文字も涼しげなターコイズブルーはいいですね。
    僕は何を書いても暑苦しくなってしまうので、ほとんどいつも変わらずブルーブラック系ばっかりですけど。

    マルシェブルー×碧翡翠の罫線とは、微妙に色味がずれてて、それが結構僕には響きましたね。
    この間、この碧翡翠にパーカーのブルーブラックで落書きして、数日経ったら見事に色味が同じになって笑えました。僕だけでしょうかね?

    すみません、何かとりとめのない話で…

  2. より:

    よはねすさん、こんばんは。コメントありがとうございます!

    普段、ターコイズブルー系って殆ど使わないのですが、たまには気分を変えてピックアップしてみました。
    これが秋とか真冬だったりすると、おそらく見向きもしないのでしょうけれど…(笑)。
    白地の紙(薄い色の罫線や方眼入りも含む)に書き連ねていくと、ちょっと煩い感じになりますが、
    飾り原稿用紙だと罫線の色が上手く散らしてくれる(?)ようで、仰る通り、碧翡翠とでは色合いのズレが煩さを抑えてくれるようです。
    パーカーBBの件、当方のラインナップではオプティマ ブルーとエラボーに入れていますので、今度試してみたいと思います!