Pen and message. 朱漆とか。

シェアする

セーラー 色織々の桜森では地雷を踏んでしまったが、気を取り直してPen and message.さんのオリジナルインク「朱漆」を。

Syu-urushi ink

蓋のラベルがを感じさせるデザイン。現在、Pen and message.さんから出ているオリジナルインクは計4色。既に(BlueBlack系の)朔は入手済である。

Pen and message. Paper

併せてPen and message.オリジナル試筆紙も。こちらはB5サイズ100枚綴。

Syu-urushi handwriting 1

Pelikano Mに入れて、先ずはオリジナル試筆紙に試し書き。Liscio-1と比べると、よりインクの染み込みや滲みが抑えられており、描線も若干細く締まった感じになる。肝心の朱漆の色合いは、なるほど、『画像で見るよりも茶色に近い朱色です』とHP上でコメントされている通りの色合い。と聞くとどうしても京都は伏見稲荷の鳥居のあの色をイメージしてしまったが、オレンジ系よりはルビーレッドと茶色を混ぜたような(?)落ち着いた色合い。

Syu-urushi handwriting 2

こちらはLiscio-1での試し書き。Diamine Monaco RedMontblanc Burgundy Redと。こうやって見ると、朱漆が最も赤寄りの色合いですね。派手過ぎず渋過ぎず。いい色です。現在は色織々の海松藍を入れている中屋 赤溜に、この朱漆を入れて使ってみたらどうだろうという企みが頭をもたげてきた…。

スポンサーリンク
スポンサーリンク