Kobe INK物語 多聞パープルグレー。

シェアする

NAGASAWA Kobe Ink - Tamon Purple Grey

ナガサワ文具 Kobe Ink物語の新作より「多聞パープルグレー」。

『湊川神社の祭神である「楠正成」の幼名「多聞丸」からその名を冠したといわれている多聞通りには、古くは多聞座と呼ばれていた当時、町一番の劇場がこの地に存在していました。神戸娯楽発祥の地ともいえる劇場の座布団の色を神戸インクで再現してみました。』

NAGASAWA Kobe Ink - Tamon Purple Grey handwriting

早速、他のKobe Ink物語シリーズなどと書き比べてみる。御影グレー,東亜ブラック,そして色織々の仲秋。すべてペリカーノ・ジュニアにつけペンで書いてみた。一口に紫と云っても毎度その表現に苦労するのだが、御影グレーや東亜ブラックが赤みを帯びているのに対し、彩度抑えめのやや青み掛かった紫といった感じか。(実際、自然光と蛍光灯の下では見え方も異なるのだが。)

ギラギラした感じはなく落ち着いた色合いでフローもよろしい。気に入ってしまった。取り敢えずサファリ(M)に入れて使ってみることにする! しかし、仲秋はセクシーな色合いだなぁ…また使い始めるかも(笑)。

Risa Yoshiki 43

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク