ナガサワ文具 フェルメール・ブルー その2。

シェアする

Vermeer Blue ink handwriting 6 (Comparison Pilot asa-gao)

色彩雫の朝顔が見つかったので、フェルメール・ブルーと比較してみる。ロディアのドットパッド紙に、朝顔はペリカーノ・ジュニアに付けペンで書いてみた。写真で再現するのが難しいが、この場合で云えば朝顔よりフェルメール・ブルーの方がより赤みが強く、濃い青になっている。

Vermeer Blue ink handwriting 7 on Webbie (Comparison Pilot asa-gao)

Webbieの場合は、肉眼で見ると実によく似ている!

Vermeer Blue ink handwriting 8 (Comparison Pilot asa-gao, S.Holmes)

トラベラーズノートの軽量紙リフィルに書いてみる。最近、この様な鮮やかな青を使っていなかったせいもあるが、とても新鮮に映る。これは今後も常用してみたい。

Waterman Mysterious Blue handwriting 2 (Just after that...!!)

オマケでM205 [B]に入れたWATERMAN Mysteriou Blue。まさに書いた直後。緑変しなければ、ほんとに惚れ惚れする色合いなんだけど。

Yumiko Syaku 8

スポンサーリンク
スポンサーリンク