飾り原稿用紙 黒雷公、無印良品のノート とか。

シェアする

Scribble on Decoration Manuscript Paper - 黒雷公 #1
あたぼうステーショナリー 飾り原稿用紙、「黒雷公」。ふむ、言われてみれば“黒色の罫線の原稿用紙”って珍しいかも知れない。
『何か、かしこまった文章、硬い文章、その日が形式を重視した日だったりした時の日記、そんな時に使って欲しい飾り原稿用紙』とのことだが、相変わらず使用方法推奨を無視して自由に使わせて頂くつもりだが(笑)。
黒罫線に黒インクってのも芸が無い気がしたので、濃い目の色のブルーブラックで書いてみる。(Montblanc Midnight Blue iron-gall)  渋い組合せ(?)が気に入っている。

Notebook of The Smooth Condition of Fountain Pen
おそらく絶対過去に購入しているはずの、無印良品のノート。
「頭文字D」映画のキャンペーンで、ららぽーと柏の葉1Fの無印良品の前に、あの藤原とうふ店の86が実車で置いてあるってんで冷やかしに行った帰りについ買ってしまった…(何だかよく分からないというか、どーでもいい理由)。

Scribble on Notebook of The Smooth Condition of Fountain Pen
SalixMidnight BluePelikan Blue Black(全て古典BB)で端っこに書いてみた図。古典BBでも結構髭が伸びてるねぇ。染料だと大丈夫か?(笑)

Scribble on Notebook of The Smooth Condition of Fountain Pen (zoom)
書き味は確かに滑らか。値段も安い(※文房具にまるで興味無しの健全な一般市民からすれば高いですが…!)し、会社で適当に使う物だから。まっ、いいか。

Shizuka Nakamura 92

スポンサーリンク
スポンサーリンク