鳩居堂 銀流。

シェアする

Kyukyodo - Ginryu (Letter Paper)

1663年創業 京都の老舗、鳩居堂(きょくいどう)。趣味文vol.24 132ページで紹介されていた便箋「銀流」を取り寄せてみる。趣味文ではMontblanc Lavender Purpleで書かれていたが、対抗して(?)‘Ferrariの愛したインク’、Viola di Enzoを久々に使ってみた。

商品の詳細|鳩居堂 便箋封筒・一筆箋・巻紙の専門店
鳩居堂の便箋封筒・一筆箋・巻紙のご案内。商品詳細。

Lamy Safari (M) & Viola di Enzo & Kyukyodo - Ginryu (Letter Paper)

鳩居堂では‘小型便箋’という扱いになっているらしい。縦13cm、横18.2cm40枚綴り。手書き風の銀色の枠入り縦罫線が、素朴かつ上品な風合いを醸し出している。横にすの目(レイド)が入っており、LIFEの一風箋(こちらは縦にすの目)に似た柔らかい書き味が楽しめる。一風箋の方の縦罫線が細く定規で引いたようなどちらかと云えば機械的な感じがするのに対し、銀流の方は手書きの揺れに味がある。

Viola di Enzo on Kyukyodo - Ginryu with Lamy Safari (M)

やはり自分のイメージする紫とは、この様な青寄りの色合いかな。勢いでLavender Purpleを買わなくて良かったかも(笑)。白×銀×紫の組み合わせが素敵だと思います(自己評価・笑)。

_img 20

スポンサーリンク
スポンサーリンク