POSTALCOとかほぼ日手帳 ウィークリーとか。

シェアする

POSTALCO Violet Notebook

POSTALCO Violet Notebook
POSTALCO Violet Notebook9/6からサービスインしたネット通販ページで注文。先頃知ったアンジュのサイトを見て遅ればせながらPOSTALCOに興味を抱きノート収集症が発症、どうせ買うなら数量限定品のViolet Notebookでしょ!…という展開。
A5のリングノートで、手に持ったまま書く場合でも充分台紙代わりになるしっかりした厚紙に、ザラっとした手触りが心地良い圧縮コットンがノートの表(背・裏)紙に貼られている。使いこむうちに次第に色褪せてきて、布の織り目の表情が豊かになるらしい。
シックな色使いで派手過ぎず渋過ぎず。更に注目すべきは表・背・裏と一体型になっていること。リングノートで背表紙ってそう言えば珍しい気がする。こういう所で手を抜かないのはさすが。

POSTALCO Violet Notebook (inner)
ノートの内側。珍しいピングラフ(ブルーの1mm方眼)はPOSTALCOのオリジナルだとか。遠目に見るとブルーの無地にも見える。

POSTALCO Violet Notebook (paper)
寄ってみた図。無地だと整然と書けない・5mm方眼だとマス目内に文字を収めなければというプレッシャーが…って人にオススメかも。

POSTALCO Violet Notebook handwriting
取り敢えずその辺の万年筆で書いてみた。厚みのある紙はコシがあって滑らかな手触り。書き心地はとても良い。筆致は太く出るようだ。インクによってはブルーの罫線がはじいてしまうかも。因みに色彩雫でも裏抜け無し。ミッドナイト・ブルーとかロイヤル・ネイビーとかヴィンテージ・デニムとか、ちょっと濃いめの青・紺色インクが合うような。

ほぼ日手帳WEEKLY 2013

Hobonichi WEEKS Pocket Notebook 2013
今頃、ほぼ日手帳(笑)。2014年度版をどうするか?…のこの時期に、Amazonにまだ在庫があったWEEKSをこっそり購入。モノカラー・イエローのハードカバー。

Hobonichi WEEKS Pocket Notebook 2013 (logo & fabric)

シックなトーンをそろえた「モノカラー」シリーズの中で、「イエロー」は個性が強いように感じられるかもしれません。ところがこの「イエロー」、実は、鞄やほかの文具ととても合わせやすい色なんです。もともと黄色は、他の色と相性のいい色。この「イエロー」は落ち着きのある黄色なので、他のものの中で目立ちすぎてしまうこともありません。箔押しの「2013」の赤も、ほどよいアクセントになって、ぽつんと咲いた花のような、やさしい印象。表紙のコットンポリエステルも触り心地がよく、愛着の持てるカバーです。

Hobonichi WEEKS Pocket Notebook 2013 (words of the week)
かの有名な「週の言葉」。上の言葉は9/9の週。

Hobonichi WEEKS Pocket Notebook 2013 (paper)
本文はおなじみのトモエリバー(手帳専用紙/クリーム)。紙が薄いので裏写りはまぁ仕方ないけど、やっぱり書き心地良いですトモエリバーは。(ここではミッドナイト・ブルーを入れた#3776 センチュリー 中字で書いてみた)
携帯目的で考えると2014年版もやっぱりWEEKSにしようか、でもやっぱりオリジナルも欲しいなとか、またも物欲の渦の真っただ中。

_img 95

スポンサーリンク
スポンサーリンク