コクヨ ノートブック ReEDEN PREMIUM

シェアする

コクヨ ノートブック ReEDEN PREMIUM

久しぶりに、通販でノートを取り寄せてみました。コクヨ工業滋賀の『ノートブック<ReEDEN PREMIUM』です。

コクヨ工業滋賀、日本の伝統紋様を全面に施したワンランク上の大人のノート 「リエデン」シリーズから2種類を発売 | オフィスマガジン online
文具・オフィス機器の専門情報サイト。役立つ文具、面白文具の最新情報を記事や動画でご紹介。業界紙・年鑑の発行。各種業界詳細なリンク集もあります。

コクヨ ノートブック ReEDEN PREMIUM 青海波模様

コクヨ ノートブック ReEDEN PREMIUM 麻の葉模様

表紙は2種類。白の方は“青海波模様”(無限に広がる大海原の絶え間ない静かな波のように、穏やかな幸せがいつまでも続くように願いを込めた紋様)、黒の方は“麻の葉模様”(麻は丈夫で育ちやすく真っ直ぐに伸びることから、子どもの健やかな成長を願って産着などに使われている紋様)と呼ばれる紋様が、浮き出し効果を表現できる特殊な印刷技法(エンボス加工とはまた別の技術?)で施されています。派手過ぎることなく落ち着いた、とてもスタイリッシュな感じがします。

コクヨ ノートブック ReEDEN PREMIUM 本文

サイズはA5のみで、本文は白地にグレーの5mm方眼罫。見た目は同じコクヨのMIO PAPER 方眼罫などと同じデザイン(レイアウト)なのですが、琵琶湖・淀川水系のヨシを紙の原料の一部に使用とのことだそうです。早速、万年筆で試し書きしてみます。ペリカンBB(緑溜 中軟)や、パーカーBB(エラボー 細軟,オプティマブルー 細字スタブ)、ペリカン Dark Green(アルスター 極細)など。

コクヨ ノートブック ReEDEN PREMIUM 本文(拡大) #1

↑複数画像アリ。

和紙のような…とは大袈裟ですが、それでも昨今主流なつるりとした滑りの良い紙質では味わえない、ざらりとした書き味です。そして古典BB(ペリカン)でも一部髭が生えるように、インクによっては多少の滲みが出る傾向にあります。インクが紙の奥に浸透しやすい(?)ようで、発色は少々オフ気味になるかと。(パーカーBBの色の変化も早い気がします。)鉛筆はステッドラーのMars Lumograph Black 4B/2B、ファーバーカステルのCHROMIUM GREEN OPAQUE。特に4Bで書きやすいと感じました。

コクヨ ノートブック ReEDEN PREMIUM 本文(裏抜け)

パーカーBBだと、シミのように少々裏抜けが見受けられます。多少の髭が生えたり滲んだりというのも、味わいが出ていいかなと思うのですが、両面を使用するノートや手帳等では、どうしても裏抜けって気になりますよね…。どのインクを使えばいいかは色々と試してみる必要がありそうです。

コクヨ滋賀は、なんでもCampusノートの製造工場があるそうで、近江の文化を活かしたオリジナル製品も多数あるとのこと。兵庫(伊丹)に住んでた頃は、学生の頃に12回車で琵琶湖にドライブに行った記憶がありますが…琵琶湖って本当におっきぃな!って感想くらいしかなく(笑)…今訪れたらまた違う視点で物事を見れるだろうなぁと思います。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B3%E3%82%AF%E3%83%A8%E5%B7%A5%E6%A5%AD%E6%BB%8B%E8%B3%80

Rina Kato 4

スポンサーリンク
スポンサーリンク