ル・ボナー デブ・ペンケース/今週のPenとか。

シェアする

Pen and message.さんで購入したル・ボナーのデブ・ペンケース。素材はブッテーロ革。色はチョコ×ワインステッチ。

ル・ボナー
革にこだわったかばんやです

Le Bonheur - Pen Case (buttero) 1

詳細はPen and message.のサイトを見て頂くとして、このデブ・ペンケース、革の素材で3種類あり(ブッテーロ革,ミネルバボックス革,シュランケン・カーフ)、その中で最も強度があるブッテーロ革を選ぶ。

Le Bonheur - Pen Case (buttero) 2

職場にて携帯で写メ。作りは鞄店の職人さんの成せる技か実にしっかりしており、目立つロゴなどの自己主張もなくsimple is the best

Le Bonheur - Pen Case (buttero) 3

ワインレッドのステッチがさり気なくアクセントとなっている。

Le Bonheur - Pen Case (buttero) 4

中は仕切りなどが一切無いので、ペン同士がぶつかって傷が付く可能性も無きにしも非ず。そういう場合は、カンダミサコさんの1本差しペンシースや、KINGDOM NOTEのペンシースに入れてみたり。今のところ無造作にジャラジャラ放り込めるSafariPelikanoなんかを7,8本程入れている。以前から気になっていて今回やっと購入に踏み切ったのだが、いい買い物をしたと思う。邪推だが、これに有名ブランドのロゴが入ると、一気にン万円台に跳ね上がるのでは?

Pilot CON-50 + Iron Ball

閑話休題。Custom74にはCON-70をセットして使っていたが、どうもPelikan BBと相性が良くないようで…(個体差?)。そこであの有名な(?)、CON-50にプラチナ・カートリッジの鉄玉を入れてみる作戦を敢行。所謂、棚吊に関しては今や周知の事実、多くの方のブログであれこれ検証されているが…ほんと、どうにかならんもんでしょうか。

Custom74 handwriting on MASUYA-Paper

そんな悩ましいCustom74で満寿屋のミニ原稿用紙に書いてみる。

Custom74 handwriting on MASUYA-Paper (zoom)

クリーム色の紙と濃淡の美しいブルー・グレイのインクが、気品のあるコンビネーションを見せて…と書きたいところだが、どういうわけか、書いてて全く心躍らない…。

This Week Pen & ink 2

今週頑張ったペンたち。Custom74(伊東屋限定),M800M205Montblanc 74

This Week Pen & ink 2 (handwriting)

ところで、趣味文 最新号の76ページに紹介されている、仙台の「文具の杜」オリジナルインク「文具の杜」をオーダー。黒に近い緑。神戸インクの六甲グリーンと迷ったのだが、偶然ネットで見付けたので初物ってことでこっちにした。レポはまた別途。

スポンサーリンク
スポンサーリンク