趣味文 vol.38。epic45。

シェアする

趣味の文具箱 vol.38

趣味文 vol.38とオプティマ ブルーとepic45のCD

趣味文 vol.38 6/9発売!

201669日(木)発売の「趣味の文具箱 vol.38」。皆さん買われましたか?読まれましたか? 私は7日(火)の夜、枻出版社から送って頂いたので先んじて拝読しましたが、今回は井上真央さんの清楚な美文字と、有森裕子さんの躍動的な美文字の両看板! これは永久保存版ですね(笑)。

美文字と汚文字

不謹慎にも井上真央さんの美文字と並べてみる!

ひょっとして、お気づきになられた方が中にはいらっしゃるかも知れませんが、小生、ひっそりと1頁だけ同号に載せて頂いております。どう贔屓目に見ても、かなり地味な登場です(笑)。編集部の方々は、取り敢えず取材申し込んだ手前上カットするわけにもいかないわで、かなり苦労されたのではないかと推測されます。自分にとっては“黒歴史”号となってしまったのですが(笑)…後悔先に立たず、とはよく云ったものです。

それにしても、井上真央さんの清冽な美文字は本当に魅了されますね。僭越ながら、並べさせて頂きました…なんなんでしょう、この美醜の対比は!(笑)

epic45

Epic45 - Against the Pull of Autumn ライナーノーツ抜粋

Epic45 – Against the Pull of Autumn

6月に入り一気にムシムシ、不快指数が上がってきました。そんな中、自分にとって一服の清涼剤のような存在として、今最もハマっているのがこの英国のポストロックバンド、epic45です。

Epic45 - Wikipedia

1995年、イギリス、スタッフォードシャー州出身のベン・ホルトンとロブ・グローヴァーを中心に前身バンドを結成。97年、エピック45として始動。98年からライヴを開始、数枚のEPなどを発表すると、人気番組RADIO 1でエアプレイされ、注目を集める。2002年、『reckless engineers』でデビュー。2枚のオリジナル・アルバムとアンビエント~ドローン作品や編集盤などを発表。20088月、2005年に発表され廃盤となっていた『england fallen over』がリミックス音源やPV映像を追加しリイシューされた。

以前、何かのサイトで彼らの音源(↑の♪The Stars In Spring)を耳にして以来、何というグループの何て曲だろう?とずっと気になっていました。ひょんなことから、最近知ることになり、俄然彼らに興味が湧いてきた…というわけです。

碧翡翠にAgainst the Pull of Autumn ライナーノーツ抜粋

碧翡翠にオプティマ ブルー 細字スタブで

2002年作の1stアルバム『Reckless Engineers』と、2004年作の2ndアルバム『Against The Pull Of Autumn』の2枚をまとめた日本のみでリリースの2枚組アルバムを最近入手しました。

上の飾り原稿用紙 碧翡翠にオプティマ ブルー 細字スタブ(インク:パーカー ブルーブラック)で書いたのは、同作品に入っている2ndアルバムのライナーノーツより、冒頭を抜粋させて頂いたものです。このアルバムにクラリネット演奏として参加しているAntony Hardingが書いた文章だと思われるのですが、これが多感な青春期を想起させるような、まるで短編小説の始まりのような文章で始まっており、一気に惹き込まれてしまいました(笑)。

凹んだココロを癒やしてくれるのは音楽でしかない

※複数画像あり

メロディアスなクリアトーンのギター、叙情的に染み渡るピアノやストリングス、そしてエレクトロニック・サウンドのアレンジなども駆使して描き出される、切なく美しい透き通った音の世界。きらびやかさと儚さが入り混じったノスタルジックな情感を、繊細な感受性で再現したような。

知らない、聴いたことの無い音楽って、まだまだ無数に存在するわけで。それら未知の扉を、時間が掛かっても一つ一つ開けていく愉しみって何物にも代えがたいと思います。やっぱり、no music no life

Airi Suzuki 7

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

  1. Schwarzer Prinz より:

    ご尊顔拝見しました。
    ダンディでとても素敵ですね。

    これをきっかけに女性フアンが一気に増えることでしょう。
    うらやましい限りです。

    • より:

      Schwarzer Prinzさん、こんばんは。
      コメントありがとうございます!
      まぁ…“女性ファン”が増えるといいですね(叶わぬ夢)。
      細々と続けていければいいなぁと思います…でも魅力的な話が書けているワケでもないし、
      自分で見てもツマンネだし(笑)、ちょっとマンネリ気味ですね(笑)。
      9月のサーバ更新、どうしようか逡巡してたりもします…^^;