アーカイブ #1。

シェアする

Pelikan M605's ink is PARKER Blue Black again
M605 EF、快調です。その後M805 EFも購入したのですが、こっちの方がフロー多めで線幅も太いという。インクはずっとPARKER BBです。

geografia RING NOTE - planning on paper handwriting #1
↑複数画像アリ。
これは代官山の蔦屋で買った、あの「インク・ジャーナル」と同じ紙で作られているノートです。GRAPHILOとはまた違った独特のしっとりした書き味です。インクの発色もきれいです。

Kakimori's BankPaper Notebook
↑複数画像アリ。
以前、カキモリで購入したものの全く使っていなかったバンクペーパーによる製本ノート。M605 EFの馴らしの為に使い始めました。無地なのがちょっと使い難いですかね・・・お高い落書帳みたくなっちゃってますね。

geografia RING NOTE Kyoto (front)
↑複数画像アリ。
思いっ切り話が前後してますが、これも蔦屋代官山店で購入した例のノートですね。実はあんまり使ってないんですよね。

Hesitation of the ink exchange
↑複数画像アリ。
今はまた別のインク(色彩雫 深海)に入れ替えてしまってますけど、孔雀を入れてた時期の“見た目重視で中身ダメぽ”のFusion82ですね。このペン、実はもう手放したいのですが市場で人気が無いせいか、殆ど二束三文でしか売れないんですよね…orz

Diamine Midnight handwriting #1
↑複数画像アリ。
丁度5年前にTWDから取り寄せて使っていたDiamine Midnight。今はDiamineも日本で普通に買えますから珍しくもないですが。当時Diamineってブログで書いても全力でスルーされてましたからね。

SMYTHSON 2011 Diary handwriting
引き出しの中から偶然見付けたSMYTHSON 2011 Diary。確かに紙は薄くて万年筆で書いても滲まないし良いのですが、やっぱ日本人は日本暦の手帳じゃないとって事です、はい。

NAGASAWA suido-suji Marche Blue handwriting #0
↑複数画像アリ。
ずっと品切れ中だったナガサワの水道筋マルシェブルーを買ってみました。美しいのですが、普段こういう色に慣れていない自分はどこで使えばいいのだろぅ…と思ってしまった。今はマーカー代わりに重宝してます。

mutter towards paper alone at midnight
何か、一人遠い目をして書いてますが(笑)。神保町のあの店でM805を買おうかどうかと。結局近寄りもしませんでした。

Pelikan Souveran M805 & M605 EF
結局、モリタさんとこでM805 EFを買いました。黒×銀で揃えるって贅沢ですね。貧乏のクセしてね(笑)。

SMYTHSON 2011 Diary handwriting #2
↑複数画像アリ。
このM805 EFにもPARKER BBを入れて使ってます。途中、一瞬だけ古典版Midnight Blueに浮気した事がありましたがね。

KOKUYO Sokuryo-Yacho Sketch Book of one day
何気に測量野帳、お気に入りです。紙の抵抗感が気持ち良くて、ペンのハンドリングがし易いのが○。

Sailor Green-Grey Ink handwriting
ツイで流れたきたインク工房作のインクを試しに注文してみたのですが、ちょっと失敗でしたね(笑)。

Pelikan Souveran M805 EF
↑複数画像アリ。
M805 EF

MARUZEN Athena Ink - Nihombashi Kirin handwriting
未だにインク沼の方々に人気のある丸善日本橋店限定の日本橋麒麟。

a saying of ichiro
あ、これは古典版Midnight Blueに浮気してた時期のM805ですね。

scribble with favorite fountain pens
↑複数画像アリ。
これを撮った時点でオキニであったペン達。

GRAPHILO A5 Notebook for work
つい先日まで勤めていた東証一部ブラック企業で使っていた仕事用ノート。GRAPHILO方眼ですね。久々に使ってみたKawecoのペンにはPARKER BB入れてます。

The Midnight Hours, KOKUYO Sokuryo-Yacho Sketch Book
149 Fには古典版BBを入れてまして、然程利用頻度は高くないのですが、それでも無問題です。

Yumi Sugimoto 109

スポンサーリンク
スポンサーリンク