万年筆に惹かれたきっかけ。

シェアする

KAKIMORI's Bank Paper in Sailor Professional Gear (Morita Fountain Pen Shop Original)

HAIBARA's Bellows Letter Paper in M800 Tortoiseshell Brown
人それぞれ万年筆を好きになった理由はさまざまだけど、自分の場合はどうだったのだろう?
思い返してみると、とある人材紹介会社の女性担当者の方が、面談の際に万年筆を使っていたのがきっかけかも知れない。それまで全く興味が無かった(文具自体は好きではあったが)万年筆、どこのメーカーでペン先は何でどういうメーカーのインクを使っていたのか等知る由も無かったが、赤い軸の万年筆(今思うとモンブランだったような)を使って、スラスラとノートにメモを取っていく姿に凄く惹かれたのである。
暫くして、ボールペンとセットで売られていたサファリのライムグリーンを購入し、見様見真似で使い始めた。それはとても新鮮で、閉塞的な気持ちを和らげてくれたし、強い味方・武器を手に入れたような感覚になったのを覚えている。
凝り性な性格故、その後様々な万年筆やインクに手を出し、気が付けば沼にズブズブと足を取られたように抜け出せなくなっている…今は身体のどの辺りまで浸かってしまったんだろう。

  • 高額な万年筆を持っていれば字が綺麗になるのか?
  • 人を感動させる文章が、理路整然とした仕様書が書けるのか?

悲しいかな今の自分はまだまだ道具に振り回されている状況である。

Anri Sugihara 44

スポンサーリンク
スポンサーリンク