パイロット カスタム74のこと、とか。

シェアする

カスタム74のインクを古典Midnight Blueに

ツバメノートにCustom74 SFMにて (古典Midnight Blue)
色彩雫の深海を入れたまま、出番少なく待機組になりつつあったカスタム74 SFM(中細軟)。せっかく京橋のペン・ステーションで調整してもらったというのに、何故か持つ気が起こらず疎遠になっていた。ある時ふと思い立って、このペンに古典版Midnight Blue(※今はディスコンです)を入れて使ってみようと。単なる気分の問題。
CON-70を装着してインクを吸い込む。いつも思うのだが、どうしてCON-70ってパイロット製インク以外を吸入すると泡々になるんだろう?↑は丸の内KITTEANGERSで買ったツバメノート(MT.NOTEBOOK)。

榛原原稿用紙にCustom74 SFMにて (古典Midnight Blue)
エラボーとはいまいちだったが、これまで持っていたパイロットのペン(カスタム系)と古典版Midnight Blueとの相性は悪くなかった。いや、むしろ相性良い方だったと思う。この74 中細軟ではまだ日が浅いが、感触的には特に問題無く使えそうかな、と。↑は榛原の原稿用紙。

榛原蛇腹便箋にCustom74 SFMにて (古典Midnight Blue)
軟ペンで書く時、あぁもっと軽やかに、かつ抑揚をつけて字が書けたらなぁといつも思う。まだまだ軟ペンの性能を引き出せていない。一日の大半を会社でボールペンと共に過ごしていると、いざ軟ペンに持ち換えた時の落差に戸惑うことになる。軟ペンを颯爽と使い熟す日は来るのだろうか?↑は榛原の蛇腹便箋。

カキモリ×Pen コラボノート

カキモリ×Pen コラボノートと黒縞
↑複数画像アリ。
カキモリ×Penのブライドル・レザー ノートとトモエリバーとシュトレーゼマンとペリカンBB。この組み合わせ、自分の今の定番となっている。

シュトレーゼマン(M805 黒縞)とペリBBとトモエリバー
右利きの場合、リングノートって左サイドに書く時にリングが邪魔になる。カキモリで本文をトモエリバーに交換する際、併せてセパレート型のリングにしようかとも思ったのだが、リング穴があいたままの革表紙ってちょっとなぁと結局交換しなかった。横にして書けばいいんだろうけど(笑)。

_img 1085

スポンサーリンク
スポンサーリンク