Lamy Safari All Black – 2018 special edition

この記事は約2分で読めます。

Kuro

2018年限定カラー 

Lamy Safari 2018LE All Black

国内では伊東屋で先行販売とのことですが、英国はThe Writing Deskから先日届いたLamy Safari 2018年限定バージョンのAll Black。なんか久々に万年筆を買った気がするなぁ(笑)。

Lamy Safari 2018LE All Black ロゴ

Lamy Safari 2018LE All BlackとBlackとCharcoal Black

2016年のDark Lilac2017年のPetrolと続く梨地仕様は今回も受け継がれています。ツルテカのよりチープ感が抑えられて個人的には好きですけどね。地味になったという愛好者も中にはいらっしゃるのではないでしょうか。

プロパーのBlackCharcoal Blackと並べてみました。同じBlackでも如何にもプラスチック製!感アリアリのBlackより大人っぽい印象を受けますね。傾向が最も近いのはCharcoal Blackでしょうか。でももっと黒寄りなのでご安心ください。被ることはありません(笑)。

Lamy Safari ダークライラック、Pentel ケリー 黒軸ゴールド 復刻版
TWDから届いたサファリ 2016年限定色、ダークライラック。意外に落ち着いた雰囲気。そして衝動買いしてしまった、ぺんてるのケリー 復刻版の話。
ラミー サファリ ペトロール。
日本総国民一斉外出期間で大いに賑わう中、GITOYAにラミー サファリの2017年限定色であるペトロールを買いに行く。併せて同名色のボトルインクも購入。

Lamy Safari 2018LE All Black ペン先

All Blackと銘打っているだけあって、当然ペン先も黒のスチール・ニブです。TWDのカタログ上ではEFニブが選べなかったので、Fニブを注文しました。

インクはセピア 

R&K Sepiaを入れたLamy Safari 2018LE All Black-Fで榛原蛇腹便箋に#0

インクはRohrer&Klingner Sepiaを入れてみました。以前、何度かSafariに入れてみたことはあったのですが、23日すると急激に詰まりだして使用に耐えない状況になった経験があります。twitterで蔦屋代官山の店員の方が、Pilot Custom74にずっと入れて愛用しているが詰まったことなど無いと仰ってるのを見かけ、伺ってみたところ、違うインクを入れていたのなら充分に洗浄出来ていなかったのでは?とのご意見。いつも適当に洗浄はしない主義ではあるのですがね…あくまで自己流ではあるので、結果そうなのかも知れませんが。なので今回、全くの新品であるペンにSepiaを入れてさてどうなるか…非常に楽しみであります(笑)。

R&K Sepiaを入れたLamy Safari 2018LE All Black-Fで榛原蛇腹便箋に#1

色彩雫で例えれば山栗の様な赤みの無い茶色です。この系統の茶色で云うと、Rohrer&Klingner Sepiaが最も好きなインクです。実にいい色合いだと思いませぬか?今のところ、特に不具合無く使えております…今後に注目したいと思います。

今回の黒… 

4

コメント