雑記115 プラチナ万年筆 精進とか。

シェアする

精進 細軟

Platinum #3776 SHOJI (SF)

すったもんだあって、やっと戻ってきた#3776 精進 細軟。本栖を持ってるから今回は買わない…と当初は思っていたのだが、細軟をちょっと使ってみたくなったのが運の尽き(笑)。こうやって見ると、仄かなブルーの透け具合が意外と綺麗かも。

Platinum #3776 SHOJI Cap Logo 1

↑複数画像あり

SHOJI」と聞いて、「精進」を即座に思い付く人っている? 個人的に、このロゴのようなものは無くてもいいかな、と。

Platinum #3776 SHOJI Nib

14金ロジウム仕様のペン先。細軟です。

Platinum #3776 SHOJI (SF) - Stroke of The Pen

Platinum #3776 SHOJI (SF) - Stroke of The Pen - 2

インクは純正ブルーブラック。新しい#3776の細字を持っていないので比較出来ないが、ペン先は思った程‘軟’ではないなと。センチュリーの中字と比べると弾力と云うか、撓りは確かに感じるが。描線はさすがに細い。筆記感も細字のペン先で書いているぞという、サリサリとした感触。この感じを味わった後に、例えばパイロット カスタム カエデなどで書いてみると、滑らかさに気絶しそうになる。それでもこのサリサリ感は、何やらクセになりそうな予感。

ラナパー

Renapur

Amazonで購入した「ラナパー」の「プチ5ml」。ドイツ製。ビーズワックス(蜜ロウ)とホホバ油を主成分とし、皮革製品のみならず木製家具、金属の保護等で使えるらしい。今回購入したのはパイロット カスタム カエデの木軸を磨く為である。

Polished Pilot Custom Maple in Renapur

布に少量を付けて取り、軸とキャップの木製部分に薄く伸ばすように塗り込み、仕上げに眼鏡拭き用の薄いクロスで磨く。ベタベタ感も無く、塗布後はよりしっとりした感じになる。色合いもいい具合に飴色になってきた。これ、なかなか良いかも。毎日会社に持参しているが何の手入れもしていないル・ボナーのデブ・ペンケースにも塗ってみよう。因みにラナパーの商品ラインアップ、100ml2,100円)、250ml3,150円)がある。次はあの「つやふきん」をGETだな…!

GAS – Nah Und Fern

GAS - Nah Und Fern & Platinum #3776 SHOJI FP

臨時収入により、Amazonで買ったGASの『Nah Und Fern』!!

GAS - Nah Und Fern

4枚組のヴォリューム。深淵なるアンビエント。ディープです。完璧に引き込まれます。もうこちらの世界には帰って来れません!(笑)

Risa Yoshiki 49

スポンサーリンク
スポンサーリンク