雑記124 日光旅行とか146細字改とか。

シェアする

鬼怒川温泉 あさや 館内

↑複数画像アリ。

ちょっと前の話になって恐縮だが、1/1213と、鬼怒川温泉のあさやに泊まった。昨年3月以来。ビュッフェで夕食/朝食とこれでもかと食べまくる(爆)。

日光東照宮 三猿 - Three wise monkeys

↑複数画像アリ。

帰りは日光東照宮へ。天気の崩れ(翌14日が大変なことに…!)も無く、寒かったけど楽しい温泉旅行でやんした。

A Nib of MB146 is polished from a middle character by small characters

旅行出発の前日に、Pen and message. 吉宗店主より、中字から細字への研ぎ出しをお願いしていた146が届く。

A Nib of MB146 is polished from a middle character by small characters (handwriting sample)

インクはMidnight Blue。国産の中字程度までにかなり細くなったのだが、フローが渋い。それに書き味もザラザラするぞ。

Montblanc 146 (M to F) handwriting 1

それでは…と、手持ちのサーチャーで切割を少し開いてみた。

Montblanc 146 (M to F) handwriting 2

多少フローも良くなったような。…でも如何せん素人の真似事、1日経つとまた元に戻ってしまう(苦笑)。

Montblanc 146 - Readjustment of the pen point

そういうワケで、再度、吉宗店主に再調整を依頼。ほどなくして再送されてきたが、今度はフローも多めになっている。まだ多少ざらつく感じは残っているが、これは使い込めば解消されるのかな?

I depended on 'Pen and message.' and had you adjust Montblanc 146 pen points again

取り敢えず、コンケラー紙や満寿屋の紙でも掠れることなくに書ける。今更ながら、最初から細字を買っていれば良かった…とちょっと後悔(笑)。

Inner case  of velour made in MUJI

無印良品のアクリルメガネ・小物ケース用ベロア内箱仕切。眼鏡等置いて使うのが一般的なのだが、ペントレイとしても充分機能する模様。1492本、測ったようにピッタリ収まる。1500円。

Montblanc 149 (B) + Waterman Mysterious Blue handwriting

暫く精製水を入れて保管していた149B)に、Waterman Mysterious Blueを入れて久々に使い始める。フロー潤沢で紙に乗せると、緑変の速度も遅くなる(?)…いや、紙に依存するのだが。最近はもっぱら細字系を好んで使っていたので、凄く新鮮な感じがした。やっぱりこのスタブ調B149は手放さないでおこう(笑)。

Toro Y Moi - Anything in Return (CD Sleeve)

最近のお気に入り。Toro Y Moiの新作。今どき珍しい凝ったギミック・スリーブ。音の方は前作よりもグループとしてのまとまりがあり、かなりストライク。


Ulrich Schnauss - A Long Way to Fall (CD Inner Booklet)

同時に購入したUlrich Schnaussの新作。これもどこかの廃墟ばかり撮った写真から成るブックレット付きというミニ・フォトブックのような凝った仕上がり。音の方は安定のUlrich印(笑)。ハズレ無し!

Bvdub & Silent Poets & Herbert

その他、Herbertはもう毎日愛聴しております。Bvdubは良くも悪くも金太郎飴?これは正直、ジャケ買いです(笑)。

Rei Toda 13

スポンサーリンク
スポンサーリンク