万年筆 雑記 20160214。

シェアする

背筋がピンとするエラボー

エラボー×月夜×港煉瓦
普段、机に向かって何か書いている姿勢は、お世辞にも美しいとは言えない不格好な姿勢です。やはりどうしても、猫背気味になってしまう。ですがどういうわけか、エラボーを握ると自然と背筋がピンとするのです(笑)。
正しい姿勢で綺麗な字を書こうという潜在意識が働くのでしょうか?(その“成果”については言及しないで頂きたい(笑))。勿論、他の万年筆の時はいい加減な気持ちで…ということではないのですが。

エラボー×月夜×榛原蛇腹便箋
昨夜テレビを観ていたら、最近流行りの用語に“ジェンダーレス男子”というのがあると。

男女の壁を超えたファッションで10代を中心に大人気、ファッション業界の新たなトレンド。

ふーん、そうですか…まぁ美しい・綺麗に越したことはないとは思いますが。

男は外見ではない。やっぱり中身で勝負だろう!

なんてのはとっくにレガシーな考え方なんでしょうかね。そこまで美を追求とまで行かなくとも、確かに常にすえた臭いがするような出で立ちの輩とは、どんなに仕事が出来る、魅力的な人であっても一緒に居たくはないなぁとは思いますが(笑)。

パイロット エラボー、Conway Stewart Tavyとか。
パイロット エラボー、Conway Stewart Tavyとか。
地元の書店兼文房具店で偶然見つけた、パイロット エラボー。ライトブルーの細軟を購入。他、コンウェイ・ステュワートのテイヴィ インクなど。
パイロット エラボーの調整 川窪万年筆店。
パイロット エラボーの調整 川窪万年筆店。
エラボー 細軟のインクフローをよくしてもらう為、川窪万年筆店で調整をお願いする。

来月は世界の万年筆展

MONOKAKI落書き
32日~8日、丸善日本橋店にて世界の万年筆展ですね。昨年はペリカン・ブースで、M805 ブラックストライプを購入しました…早いものでもう1年が経つという。
インク工房、ペンクリは混みそうですねぇ。日本橋店限定のパイロット カスタム845 紅漆,アウロラ オプティマデコ ブラックGTとかいいなー。高くて買えませんが(笑)。50袋限定の1万円福袋も並んで買ってみたいです。その頃、twitterでは忌み嫌う“開封の儀”が五月雨の様に流れまくるんでしょうかね…ミュートですね(笑)。

Pelikan M805 Stresemann とか Steven Wilsonとか。
Pelikan M805 Stresemann とか Steven Wilsonとか。
丸善 世界の万年筆展でペリカン M805 黒縞 シュトレーゼマンの細字を購入したこと、Steven Wilsonの新作『Hand. Cannot. Erase.』がとてつもなく素晴らしいことなど。

_img 1561

スポンサーリンク
スポンサーリンク