万年筆 雑記 20160806。

シェアする

カキモリ オリジナル万年筆

A fountain pen of Kakimori

カキモリ オリジナル万年筆+山田紙店小日向京さん別注原稿用紙+古典版Midnight Blue

カキモリ オリジナル万年筆+山田紙店小日向京さん別注原稿用紙+古典版Midnight Blue(拡大)

普段使いの万年筆と云えば、自分の場合はサファリ/アルスター,カクノ,ペリカーノ/ジュニアなどがこれに相当するのだが、このカキモリ オリジナル万年筆も外せない一本である。ベースはセーラーのプロフィットJr 透明感で、金属パーツが金色になっている。ペン先は中細の鉄ペン。購入当初はガリガリした書き味で、一度ペンクリ(確か、丸善日本橋店で行われたPilot社のペンクリだったような…この辺り、過去に記事を書いたはず)で調整して頂いて使っている。インクはずっと古典版Midnight Blueを入れっぱなしにしているが、詰まったなどのトラブルとは無縁である。硬い書き味ではあるが、カリカリと小気味好く書ける。万年筆というよりは鉛筆感覚? やや小ぶりながら自分の手に合っているのも、気軽に手に取って使える所以ではないかと。

前略 カキモリより » Blog Archive » カキモリのオリジナル万年筆ができました。ブレンドインクも全色再販売開始です。
カキモリ:オリジナル万年筆とかMominokiとか。
カキモリ:オリジナル万年筆とかMominokiとか。
2014年最終営業日のカキモリへ。前から気になっていた、クリスマス限定インクのMominokiと、カキモリ・オリジナル万年筆を購入。最後の最...

Difficult to convey feelings

Camelを知らない人にお薦めを紹介するには

相手に自分の想いを文章で伝える最適な方法とは? 念の為に断っておくが、Love Letterではない(笑)。自分の好きなアーティストの作品の魅力を伝えたいが、自分よがりな一方的な熱い想いは、一つ間違うとただ鬱陶しいだけに成り下がってしまう。相手の知識レベルを度外視したWiki的情報の羅列も、拒否反応を示される可能性がある。う~ん、難しい…。

Midnight graffiti

真夜中の落書き 20160805

金曜の夜、風呂に入って「侠飯~おとこめし~」を観終わった後からが書き物タイム(笑)。とは言え、およそ大したことなど書いちゃいないが。ただ、紙の上に万年筆を使ってインクを垂れ流しているだけの所作。孤独のグルメならぬ、『誰にも邪魔されず、気を遣わず万年筆で書くという(ものを食べるという)孤高の行為。』

ドラマ24「侠飯~おとこめし~」:テレビ東京
テレビ東京「【ドラマ24】侠飯~おとこめし~」番組公式サイトです。任侠×グルメ。生瀬勝久が料理上手なヤクザの組長に!2016年7月15日スタート!毎週金曜 深夜0時12分放送!

Extra

謝罪

諸事情あって処分してしまった万年筆達(手荒に扱って壊してしまったということではない。基本的に自分の持ち物、それも趣味の対象ということであれば、粗末に扱うようなことはしたくない主義なので。)、新しいオーナーの元で元気にやってるだろうか。スタメンで活躍してくれていたらいいのだが…。

Today’s babes

Yuuka Hasebe 5

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

  1. 小藤次 より:

    手放した万年筆の行く末は、確かに気になるところですね。でも、現在は雑誌等のお陰もあって万年筆が趣味として(確立はしないまでも)認識はされている状況だと思いますので、どなたの手に渡ったとしても無体な事にはなってないと思いますよ。きっと大丈夫。

    • より:

      小藤次さん、コメントありがとうございます。
      そうですね、万年筆好きの方に、物を手荒に扱う人はいないと信じておりますです…。