ペリカン M400 茶縞。

シェアする

スーベレーン400 限定 茶縞

自己査察

ペリカン M400 茶縞

『あぁ、もう今年は万年筆を絶対買わないって誓ったのに!』という月並みな反省は、この際省略させて頂く。時としてこういう口舌は単なる自分に都合の良い自己弁護に過ぎない。

あの時、丸善日本橋店の地下に降りてしまったから…
たまたま時間があったので、試し書きだけで帰ろうと思ったのに…
実際に手に取ってしまったら、軸の美しさに魅了されてしまい…

あたかも自分に非は無いような言い回しも、逆に見苦しいだけだ。先程、“反省”とは書いてみたものの、己の収入に不釣合いな趣味への投資は、もはや滑稽でさえもある。だがこの期に及んで言わせて頂くならば、『後悔はしていない』。もはや末期症状である。

試し書き:飾り原稿用紙(黒雷公)

M400 茶縞 EF で飾り原稿用紙に

冒頭、かなり鬱屈したことを書いてしまったが、実はこれには伏線がある。少し前に、小日向京さん所有のM400 ホワイトトートイス EFを試し書きさせて頂いた際、そのこなれたペン先による書き味も然ることながら、あれ?M400ってこんなに書きやすかったっけ?…と雷に打たれたような衝撃を受けたのと同時に、ぁあもっと早くコイツに辿り着くべきだったという自責の念にかられてしまった。

試し書き:山田紙店原稿用紙(小日向京さん別注)

M400 茶縞 EF で小日向京さん別注山田紙店原稿用紙に

然程手が大きくない自分にとって、このM400のサイズは実にしっくりくる。握る位置にネジ山も無く、プラチナ万年筆のような段差も無い。例えばカスタム74の軸のように、長さがあって軽い万年筆は逆にハンドリングし難いと感じるのだが、M400に至ってはそのようなストレスとも無縁である。これらのM400待望論の最中、狙いすましたように限定の茶縞が出るという…。(無念にも諸事情で手放してしまったM800 茶縞のリベンジという想いもある?)

トラップにまんまと引っかかってしまった私を、愚か者と嘲笑うなら嘲笑ってください!(開き直り)

試し書き:榛原蛇腹便箋(千代見草)

M400 茶縞 EF で榛原蛇腹便箋に

試し書きを終え、『これ、くださぃ…』と店員さんに声を発する寸前、心の中でもう1人の自分が『待て!早まるな!もう少し時間を置いて考えろ!』と制御を掛ける。すんでの所で物欲魔の手から逃れることにはなったが、時既に遅し。一度立ってしまったフラグは、少々のことでは消えない。案の定、翌日いそいそと店に向かう哀れなオッサンの姿が(笑)。

インクはその場でペリカンBBを吸入して頂く。如何にもペリカン…といった書き味。良い意味での武骨な感触が妙な懐かしさと安心感を与えるのは何故だろう?字幅もさすがペリカン(笑)、EFでも国産とは比べようもない程太いが、手帳・メモ書きを主戦場とするには充分な太さ/細さである。

飯にするか

以前、金ペン堂で購入したM400 赤縞のBを所持していた時期があったのだが、その頃に気付いておくべきだった…というのは酷な話か。M400/405EFこそ、数多あるスーベレーン・シリーズの中でも究極の普段使い万年筆である、という事実を。

金ペン堂でM400を買いました。
金ペン堂でM400を買いました。
今日は暦上、啓蟄と云うことらしい。確かに昨日の寒さから一転して春の陽気。もう3月…やばい、しっかりしないと…。そんな春の陽気で脳内啓蟄を起こ...
小日向京さんの筆致

M400 茶縞 EF 小日向京さんの筆致 #1

(クリックまたはタップすると、複数画像が拡大表示されます)

上は、IDEAに書かれた小日向京さんによる試し書きの筆致である。汚文字が並んだお口直しにどうぞ。

河口の現状

河口をもっと使おう

(クリックまたはタップすると、複数画像が拡大表示されます)

主力がどうしても細字系になる為、ベンチを温める役回りが多くなってしまう河口。しかし、一度手に取るとこれでもかとばかりに、ウダウダ・ズラズラと書き続けてしまうという不思議な魅力を持つ。フローは思った程、汁ダクではない。故に同じ太字でもM800 緑縞のようなヌラヌラ感は無いが、特に古典版Midnight Blueで書いた時の濃淡の出方は、かなりSexyで困ってしまう。

今回の音…

今の季節にぴったりな極上DreamPop。女性Vocal

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

  1. putty より:

    電車の中で、ブログを拝見しながら、
    『雷に打たれたような衝撃』のリンク先を想像し、
    ニヤニヤしている私が居ます。

    あのポチッとするとき、どこに飛ぶのか・・・

    クセになりそうです。

    あっと。茶帯。私も欲しいです。

  2. より:

    “雷”…というキーワードで、もうこれしかとっさに思い浮かびませんでした(笑)。
    今となっては、ある意味『最後の勇姿』となってしまって、感慨深いですが…^^;