Pelikan th.INK、色彩雫 山葡萄。

シェアする

Pelikan th.INK

Pelikan th.INK (label)

久しぶりに「イーアスつくば」へ。3階のACADEMIAという書店兼文房具店で、Pelikanth.INKを発見。

Pelikan th.INK

色は2種類あって、ブラックとブラック/バイオレット。2,100円也。全長はPelikanoよりも少し長い。

ペリカンブランドの万年筆としては稀少な両用式モデル。手にフィットする握り易い三角形のボディと、滑りどめ防止のグリップを備えた筆記具です。人間工学に基づいた三角形の軸は手に馴染みやすく長時間の筆記でも疲れないモデルです。

Pelikan th.INK & Brilliant Black ink

ペン先はステンレススチール(鉄ペン)で細字のみ。インクは主に会社での使用を考慮して、Pelikan Brilliant Blackを選んでみた。Parker Blackでもよかったのだけど。

Pelikan th.INK handwriting 1

Pelikanoと同じペン先が使われている(はず)ので、アタリであれば、書き味はスルスルと気持ち良く書ける。幸い、不細工なハズレ品を引かなかった模様。

Pelikan th.INK handwriting 2

Pelikan th.INK handwriting 3

Pelikan Brilliant Blackのフローは並レベルで比較的乾きも早いし、安物のコピー用紙でも滲み・裏抜けしにくい。グリップは三角形で、SafariAl-Starのように正しい万年筆の持ち方が出来るよう設計されており、握りやすい。Pelikanoのポップさと比べてこちらは所謂大人向けを狙ったデザインなのか? ただ、キャップを開ける時に結構硬いので難儀する。閉める時はそうでもないけど。何かコツがあるはず…と思っていたら、コチラにこんな記事が。おお、参考にさせて頂きます(笑)! 見た感じ孔みたいなのも開いてないし、気密性は高そう?

Pelikan th.INK 2

カートリッジやコンバータのセットは、軸の真ん中部分を回転させると二つに分解されるのでそこからセットする。からくりが分かれば何てことはないが、最初はちょっと戸惑った。

色彩雫 山葡萄

Pilot iroshizuku yama-budo handwriting 1

色彩雫の山葡萄。Ink Sampleで取り寄せて以来、放置してしまっていた。

Pilot iroshizuku yama-budo handwriting 2 (comparison Montblanc Burgundy Red)

Pelikanoの細字に入れて書いてみた。ちょっとこれは自分には派手過ぎるかなぁ…綺麗なワイン・カラーだとは思うが…。

Pilot iroshizuku yama-budo handwriting 3 (zoom)

うーん、むさ苦しいオヤジではなくて、美しい女性に使ってもらいたい(爆)。

Yumi Sugimoto 57

スポンサーリンク
スポンサーリンク