プレピー極細とかヘリテイジ91とか。

シェアする

PLATINUM preppy 0.2 nib
強風吹きすさぶ中、所用で柏に出る。帰りにステモ内の東急ハンズでプレピー極細を発見。ブラック,ブルーブラック,レッドの3色展開。購入したのはブラック。これまで出てたプレピーよりも100円程高いのね^^;

PLATINUM preppy 0.2 handwriting
インクはペリカンのタンザナイトを久々に使ってみる。これまでプレピーにしろプラジールにしろ、細字系はフローが渋い印象があったが、このペンはインク自体のフローの良さもあるのか悪印象を払拭する感じ。筆致を見ると極細に思えないという。まぁ掠れや嫌な引っ掛かりが無いので良しとしよう。なかなか気持ちのいい書き味。

PLATINUM preppy 0.2 and Pilot Heritage 91
プレピーは長さが約138mm,最大胴軸径は約12mmφで重さは約13g。ちゃんと従来通りスリップシール機構付きってのが嬉しい。(嵌合式キャップでも効果あるのかな?)
片や、ヘリテイジ91は長さ約137mm,最大胴軸径約12.3mmφ,重さが約17g。よく似たプロポーションの万年筆同士。価格は比較対象にならないくらい差があるが。

Pilot Heritage 91 nib
このヘリテイジ91は、神保町でSIerと打合せがある際にふらっと立ち寄って買ってしまったもの。ペンクリいらずの実に書き易いペン先。

Pilot Heritage 91 handwriting
インクは古典版ミッドナイト・ブルー(ディスコン)をずっと入れっぱなしにしている。使用頻度は低いのだが、突然今回みたいに思い立って書き始めても、実にスムースに書き出すことが出来るので有難い。

Mizuki Hoshina 16

スポンサーリンク
スポンサーリンク