Reform 1745 万年筆とか。

シェアする

Reform 1745 FP Seal

宍倉さんにブルゴーニュ細字を調整して頂いた後(厳密にはもう1本、アウロラ イプシロンも確認して頂いたのだが、問題無しとのこと)、丸の内側に出てKITTE ANGERSで以前から気になっていたReform 1745という万年筆を購入する。

試し書きさせて欲しいのですがと店員さんに声を掛けると、先ずは実際にインクを吸入した試し書き用のペンを手渡されたのだが、滑らかな書き味に驚いてしまった。(実は以前、JR上野駅内のANGERSで初めて試し書きさせてもらった時は、書き味がガリガリしていて購入を見送った経緯がある)

購入の意思を伝え、この(試し書き用の)ペンくらい滑らかに書けるのが欲しいのですが…と伝えると、在庫は幾らかあるのでそれぞれ試し書きして気にいったのを選んでくれればいいとのこと。何という有難いお言葉(笑)。

Reform 1745 FP

2本目を試し書きさせてもらったところで、これはなかなか書き味が良いのでは…というペンが見つかった。この万年筆、ドイツのリフォーム社がペリカンを意識して製造したペン(ペリカン120というモデルのコピー?)のデッドストック品らしい。全長は約130mm、太さは10mm程度。細い。重さも約10gとかなり軽め。しかしながらインクは吸入式だし、キャップもネジ式。写真では既にインクを呑ませた後なので分からないが、インク窓もクリアブルーとそれなりに手の込んだ造りになっている。

Reform 1745 FP (Clip)

デッドストック品の為、メッキのくすみ・傷等は仕方の無いところである。

Reform 1745 FP (Nib Front)

↑複数画像アリ。

ペン先は鉄製。バイカラーになっている。太さの表記は無いが、FからMの中間程度の線幅。意外にガチニブではなく、撓る感触。

Reform 1745 FP handwriting

インクはBlue Murder MK-II.。もう少し軸が太ければ嬉しいのだが、書いていると慣れてくるのでよしとしよう。フローも良くて嫌な掠れや引っ掛かりも無く、スルスルと滑らかに気持ち良く書くことが出来る。これで上代2,800円。コスパは高いと思うのだが。

Blue Murder MK-II. Ink Handwriting 2

↑複数画像アリ。

話が出たついでに。カキモリ Ink Standで造ったBlue Murder MK-II.

Asuka Kishi 94

スポンサーリンク
スポンサーリンク