Signoとか鯱旗印肉とか。

シェアする

uni-ball Signo 0.38mm & 0.5mm
ツイ繋がりでオススメして頂いたSignoというゲルインキのペン。最近はこれでジブン手帳等に書くのにはまっていたり。0.38mm(極細)のブラウンブラック,ブルーブラック,0.5mmのブルー。

uni-ball Signo 0.38mm BrownBlack handwriting
これは0.38mm(極細)のブラウンブラックでジブン手帳に書いてみた図。こういうゲルインキ系のペンって、鮮やかというか派手な色合いが殆どという印象しかなかったので、こういう渋い色合いがあるなんて知らなかったという。

uni-ball Signo 0.38mm & 0.5mm & other handwriting
GRAPHILOメモに各種落書き。ブラウンブラック,ブルーブラック以外に、グリーンブラックってのもあるらしい。これも近日中に買ってしまいそう(笑)。肝心の書き味については、0.38mmくらいになるとさすがにヌラヌラ・滑らか~という感じではないが、それでも程良い滑らかさとコリコリ感(?)がマッチしており書き易い。

uni-ball Signo 0.38mm Blue Black handwriting
↑複数画像アリ。
IDEA0.38mm(極細) ブルーブラックで書いたところ。ちょっとInk Standで造ったBlue Murderに似てるかな? かなり好みの色です。

uni-ball Signo 0.5mm Blue handwriting
↑複数画像アリ。
こっちは0.5mm ブルー。0.38mmよりもグっと滑らか度が増す感じでこれもクセになりそう(笑)。すこしターコイズブルーっぽい、色彩雫の紺碧に似たようなきれいな青色。いいですね。

uni-ball Signo 0.5mm Blue Black handwriting
0.5mm ブルーブラックで、以前に小日向京さんから頂戴した山田紙店別注原稿用紙に落書き。黄色の罫線色と濃紺が合う。

uni-ball Signo
あっという間に5本に増えてしまったSigno達(笑)。

_img 718

Shachihata - Inkpad (Case)
印肉の話。これまで落款を押す際、家にあった100円ショップで買ってきたような朱肉パッドを使っていたのだが、願書書くのに使うからと取り上げられてしまったので、自分専用のを購入しようと思い立った次第。ツイで小日向京さんに教えて頂き、プチ高級な印肉を密林から取り寄せてみた。

Shachihata - Inkpad (Chinaware)
これが書画落款用鯱旗印肉なる物。詳しくは趣味文 vol.27P122123をご覧頂くと、小日向京さんの丁寧で分かりやすい記事が載っている。

Shachihata - Inkpad
まるで味噌? 100円ショップのお手軽朱肉とは全く本格度が異なる(笑)。この陶磁器の器がまた趣があって良いのです!

push the ink pad on GRAPHILO
↑複数画像アリ。
GRAPHILOのメモに押してみる。見るからにこれ迄ののっぺりした“朱色”に比べて重厚感がある。

Pilot Elabo-Metal (SF) & iroshizuku tsuki-yo
これ迄のって、↑こんな感じでした。

Comparison of the ink pad
単に色合いが違うというだけでなく、醸し出す雰囲気からして高級感が漂ってきそう?(笑)

push the ink pad on Letter paper_1
榛原蛇腹便箋にも押してみる。ありゃりゃという悲惨で不細工な結果となってしまったが、これは印肉と紙の相性云々ではなく、単に使用者が不器用なだけ(笑)。

push the ink pad on Letter paper_2
コツは印面を軽く印肉にポンポンと当てる感じで、こまめに印面を見てムラがないかどうか確認するのだそう。

Signature and seal_2
お!今度はどうでしょう。割とイイ感じで綺麗に押せたのでは?(笑)

push the ink pad on Letter paper_3
自画自賛(笑)。

push the ink pad on Letter paper_4 (MB149 & Kakimori's Rollerball Pen handwriting)
次々と書いては押し…と云うか、押す為に書く感じ?(笑)

スポンサーリンク
スポンサーリンク