OptimaとSlumber

シェアする

夢なんてねぇよ

今回の音 

Death Of A Mascot – Akufen

吸入式に顔料インク

顔料インクはペン先が汚れる!

(クリックかタップすると複数画像が拡大表示)

購入後、ずっとParker BBを呑ませていたオプティマのインクを、別のインクに替えようと検討していた。オプティマに呑ませたParker BBは、他のペンの時と較べて格段に色が濃く出るしフローの面でも全く問題は無かったのだが、単に飽きてきたということ以外に、もう少し書き味を円やかにしたいという狙いもあった。ただし、ペン芯がエボナイトなので馴染ませるのに時間がかかるとか、リザーブタンクのおかげで洗浄が大変という情報を聞いていたので、一度呑ませたインクを次々替えるのは何かと面倒そうだ…と二の足を踏んでいたわけだが…。

Slumberを呑ませてみた

測量野帳に

(クリックかタップすると複数画像が拡大表示)

実はKWZ Ink BBIG)で約1週間程使ってみたこともあったのだが、フローが良すぎて逆にハンドリングしづらくなってしまった。アレコレ逡巡する中で急浮上してきたのが、カキモリ オリジナル顔料インク Slumberである。吸入式の万年筆に顔料インクと云うと、万年筆を痛める恐れのあるインクを呑ませるなどもってのほかと万年筆クラスタの方々に“喝”を入れられそうだが(笑)、ほぼ毎日使っているローラーボールやプレピーが、特に不具合も起こさず快適に使えているところを考えると、それ程神経質になる必要も無さそうである。

実際にSlumber吸入後1週間以上経過するが、これといったトラブルは起きていない。先のローラーボールやプレピー同様、会社或いは自宅で数文字程度でも基本毎日使うようにはしている。KWZ Ink BB程ではないにせよ、これも比較的“汁ダク”傾向である(笑)。当初の狙いでもあった「円やかな書き味」という点では、Parker BB使用時よりもこってりとした書き味になってくれた。勿論、万難を排してSlumber導入に踏み切った最大の理由は、この美しくSexyな色合いに惚れてしまったから…という点にあるのだが(笑)。

IDEA(トモエリバー)に

(クリックかタップすると複数画像が拡大表示)

フローの良さもあって乾きはトモエリバーだと遅め。(他、NOLTY GOLDでも)  故に打合せでのメモ取りなんかでは実用的ではない。(あくまでこのペンを使った場合でのお話)  しっかりとリザーブタンクにも顔料インクがプールされているわけで、今後またインクを替えるとなると洗浄がかなり面倒そうだなぁ…とぼんやり考えている今日此の頃。

(了)

今回の女神 

(クリックかタップすると複数画像が拡大表示)

そろそろシーズンは終焉ですね…(T_T)

スポンサーリンク
スポンサーリンク